シトロエンブランドとしては初のPHEVモデル!「C5 エアクロス SUV プラグインハイブリッド」が発売開始

110psの電動モーターを搭載し、システムトータル出力225ps/360Nmを発生

グループPSAジャパンは6月24日、「C5 AIRCROSS SUV(C5 エアクロス SUV)」にシトロエン初のプラグインハイブリッド仕様「C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRID(C5 エアクロス SUV プラグインハイブリッド)」を追加し、発売を開始した。価格は5,500,000円(税込)となっている。

今回の「C5 エアクロス SUV プラグインハイブリッド」はベースとなる「C5 エアクロス SUV」に81.2kW(110ps)/320Nmのフロントモーターと13.2kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したモデル。グループPSAジャパンでは「プジョー3008」と「プジョー508/508SW」と「DS7クロスバック」にPHEVモデルをラインアップしているが、シトロエンブランドでは初となる。

注目のパワートレインは、最高出力180psを発生する1.6Lターボガソリンエンジンをベースに、110psの電動モーターを搭載し、システムトータル出力225ps/360Nm(フランス本社公称値)を発揮。トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチと前述の電動モーターを用いたPHEV専用8速オートマチックe-EAT8を組み合わせ、エレクトリックモードでのゼロエミッション走行可能距離は65km(WLTCモード)を実現している。

また、バッテリーをリアシート下に搭載することで増加するリア荷重に対応するため、リアサスペンションはPHEV用のマルチリンク式にアップグレード。PHC(Progressive Hydraulic Cushions™=プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)ダンパーを組み合わせることで、一層快適な乗り心地を獲得している。

走行モードは、純EVとしての走行が可能なエレクトリックモードをデフォルトとし、ハイブリッドモード、スポーツモードのドライバーが任意で選べる3つのモードを用意。バッテリーの充電は200V普通充電のみに対応し、3kWで約5時間、6kWで約2.5時間で満充電できるとともに、無料のMy Citroënアプリ(iOSおよびAndroid OSに対応)をダウンロードし、連携させることでリモートチャージングとプリコンディショニングの操作が可能となっている。

また、各種エコカー減税の対象でCEV補助金も支給対象となっており、令和3年度環境省CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)では20万円となることから、より安価で購入できるのも魅力のひとつだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧