【スクープ】新ディスプレイが浮いている!? BMW 8シリーズ カブリオレ改良新型、内外を初スクープ!

2021/06/17 09:00

エクステリアのデザイン変更は微小!?

BMWのフラッグシップ・スポーツカー、『8シリーズ』ファミリーに設定されている派生オープン、『8シリーズ カブリオレ』改良新型プロトタイプをカメラがはじめて捉えた。

第2世代となる現行型「G14」型は2018年にデビュー、2021年末には3度目の誕生日を迎える。ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、カモフラージュが軽く、本格的調整はこれからのようだ。しかし、ダブルキドニーグリルは、弟分「4シリーズ」の「バックトゥース」ルートをたどることなく、現行型と同じ形状を維持、わずかに拡大されると予想されるほか、バンパーやヘッドライトがリフレッシュされるはずだ。

後部では、テールライトのグラフィックが刷新されている様子が伺える。またバンパーも微調整され、ディフューザーの両側には、クワッドエキゾーストパイプを隠す排気トリムが見てとれる。

撮影された2枚のキャビン内画像には、最新の「5シリーズ」のように浮いたような新インフォテイメントディスプレイを確認、サイズもワイド化されていることがわかる。さらにインフォテイメントシステム用の最新ソフトウェアがアップデートされることは間違いないだろう。そのほか、センターコンソールのHVAC、ラジオコントローラー、ギアセレクタ、カップホルダーなどは現行モデルと同じだが、今後着手される可能性もあるだろう。8シリーズカブリオレ改良新型のデビューは、2022年前半と予想されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!