【スクープ】日本市場も視野に入れたフォルクスワーゲンID.4クーペ版、最強バージョン「GTX」は300馬力超え!

2021/05/15 09:00

52kWhおよび77kWh容量のバッテリーを搭載、ベースモデルは148ps〜170psに

VWのフルエレクトリック・クロスオーバーSUV「ID.4」が、欧米、中国でデリバリー開始されたようでだが、そのクーペバージョンとなる「ID.5」(仮称)市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

スウェーデン北部の山中で捉えたプロトタイプは、起亜の「タイガーノーズ」を彷彿させるグリルを装着、オペル「グランドX」を模したフロントエンドでカモフラージュされており、最終デザインは不明だ。

しかし、ID.4よりわずかに丸みを帯びたクーペルーフと、よりダイナミックなリヤピラーを採用していることがわかる。またサイドから見ると、際立つスポイラーを備えたリフトゲートも確認できる。

内部の写真はまだ撮影できていないが、5.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、10インチ、または12インチのインフォテインメントシステムを搭載することが予想されている。

パワートレインは、52kWh、及び77kWh容量のバッテリーパックを積み、最高出力148ps、最大トルク220Nmを発揮するエントリーモデルから、最高出力170ps、最大トルク310Nmを発揮するミドルレンジ、そして最高出力204ps、最大トルク310Nmを発揮する上位モデルがラインアップされるほか、ハイエンドモデルには最高出力300ps以上、最大トルク450Nmを発揮するとみられる全輪駆動の「GTX」も噂されている。

ワールドプレミアは今年後半と予想。当初ID.5は欧州専売と示唆していたが、グローバルモデルとして発売される可能性も高まっており、そうなれば日本市場投入も期待できそうだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!