【国内試乗】「キャデラックXT4」コンパクトなボディにキャデラックの魅力が凝縮された1台

野口優
AUTHOR
2021/05/03 12:00

キャデラックとしては初となるコンパクトSUV、XT4が日本上陸を果たした。一貫して徹底してきたラグジャリー性はそのままにフレッシュ感も併せ持つこのXT4は、今後キャデラックの屋台骨を支えるべく開発された入魂の1台。多くのライバルがひしめき合う中、勝負に出たキャデラックの気合いを確かめる。

ユルさなど微塵もない最新キャデラックの完成度

日本市場におけるプレミアムSUVの多くはドイツ勢が占める昨今。フルサイズからコンパクトクラスまで様々ラインナップするうえ、高性能車からエントリーグレードまで多彩な選択肢を用意することで、さらなる注目を集めることに成功している。その中でもコンパクトSUVの市場は激化するばかりで、実際街中で見ない日はないほど溢れ返っている。そんな激戦区にキャデラックは新たに「XT4」を投入、今後の屋台骨を支えるべく開発された。

キャデラックとしては珍しくアグレッシブな印象を与えるリアビュー。走り自体もそれらしく活発で、街中でも取り回しやすい。石畳のような路面でも優れた乗り心地をみせる。

エッジの効いたラインで構成されるエクステリアデザインは若手デザイナーの手によるものだ。兄貴分のXT6やXT5とはやや印象が異なり、若々しさを感じさせる。極力タイヤを四隅においてパワフルさを匂わせところもそれに拍車をかけるが、けっしてデザインだけでなく、ホイールベースを長く取ることで安定性のほかに後部座席のレッグルームを稼ぐ目的も含まれての結果だ。

シンプルな中にも多彩な機能を備えるコクピット。日本仕様には常時最新の地図情報を更新するクラウドストリーミングナビを装備。後席空間はクラストップレベルのゆとりを誇る。

コクピット周りはシンプルながらも機能性に富むデザインで、ほぼ感性に任せて操作できる。スマートフォンのように扱えるタッチスクリーンパネルやロータリーコントローラーなど、操作に戸惑うことはほとんどないだろう。レザーやトリムの質感もキャデラックらしいプレミアムな仕上がりで、同クラスのライバル勢と比較しても引けを取る印象は一切ない。むしろこのシンプルさを望んでいたユーザーも居るはずだ。

スムーズかつトルクフルなフィーリングが特徴の2L直列4気筒ターボエンジンは、最高出力230ps&最大トルク350Nmを発揮。燃費を向上させる気筒休止システムも備える。

走行性に関しても同様。搭載されるエンジンは、230㎰&350Nmを発する2L直列4気筒ターボ。これに9速ATを組み合わせ、ツインクラッチAWDによって効率的に駆動を制御する。通常のツーリングモードでは燃費を考慮して100対0と前輪のみ駆動するが、他のAWD/スポーツ/オフロードモードの場合は、最大で50対50の駆動配分となるだけでなく、後輪側は左右のトルク配分も行うトルクベクタリング機能も付く。しかも、スロットル開度やシフトタイミングまでモード毎に適したセッティングをみせるとあって秀逸さも際立つ。
それだけに〝キャデラック=アメ車〞を連想している人にとっては、完全にイメージを崩されるだろう。それほど最新のキャデラックは昔とは違い、走りにこだわるドイツ勢と肩を並べるほどの高い精度に驚くことになるのは間違いない。特にシャシー性能は最新世代らしく、強靭なボディ剛性に加え、リアルタイムで可変するサスペンションと組み合わせるため、実際の重量を思わせないほど軽快感に富み、安心感も重なる。

ラゲッジスペースは、通常時637L、リアシート加倒時で最大1385Lと十分な容量。電動パワーゲートを備え、足をかざせば開くハンズフリー機能も装備している。

それはスタート時から思い知らされる。ノーマルモードでも期待以上に活気に溢れ、4気筒とは思えないほどの俊敏性を見せる。特にストップ&ゴーの多い都市部では有り難く、低回転域から豊かなトルクを発生するおかげで、ほとんどストレスを感じることはなかった。高速域での中間加速も悪くない。ターボらしいエンジンフィールが功を奏し、期待以上の加速を味わえる。もちろんスポーツモードでは、さらに拍車がかかる。ワインディングでは、4輪がしっかりとスクラムを組むような安定感と的確な舵角によりスムーズな走りを満喫できる。
もはや、ここまで出来が良いとアメ車という印象は皆無。実に優秀だと思う。脱・日&独を意識し始めた人には特にお勧めしたい。

【Specification】キャデラック XT4スポーツ
■車両本体価格(税込)=6,400,000円
■全長×全幅×全高=4605×1875×1625mm
■ホイールベース=2775mm
■トレッド=(前)ー、(後)ーmm
■車両重量=1760kg
■エンジン種類=直4DOHC16V+ターボ
■内径×行程=83.0×92.3mm
■総排気量=1997cc
■圧縮比=ー
■最高出力=230ps(169kW)/5000
■最大トルク=350Nm(35.6kg-m)/1500-4000rpm
■燃料タンク容量=61L(プレミアム)
■燃費=ーkm/L
■トランスミッション形式=9速AT
■サスペンション形式=(前)ストラット/コイル、(後)マルチリンク/コイル
■ブレーキ=(前後)Vディスク
■タイヤ(ホイール)=(前)245/45R20(ーJ)、(後)245/45R20(ーJ)
■公式ページ https://www.cadillacjapan.com/xt4/model-overview.html

 

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ルボラン2021年月5号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!