マットグレーのシックなGLCクーペ「メルセデス・ベンツGLC 220d 4マチック・クーペ・マグノナイトエディション」が発売

人気のオプション機能を標準装備

メルセデス・ベンツ日本は4月19日、プレミアムミドルサイズSUV「GLCクーペ」の特別仕様車 「GLC 220 d 4マチック・クーペ・マグノナイトエディション」を発表した。価格は8,910,000円。

2019年10月に発表された新型GLCクーペは、プレミアム ミドルサイズSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新し、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムが標準装備されたモデルだ。

今回の「GLC 220d 4マチック・クーペ・マグノナイトエディション」は、通常のGLCでは選ぶことが出来ない特別仕様車専用外装色のセレナイトグレーマグノ(艶消しグレー)を用意。

AMGスタイリングパッケージをベースに、通常はシルバーのフロントグリル、フロントスポイラー、ウインドウモール、リアバンパー、ルーフレール等にブラックが施され、専用のナイトパッケージとハイグロスブラックペイント20インチAMG5ツインスポークアルミホイールを採用することで、さらにスポーティなエクステリアに仕上げられている。

また、片側84個のLEDを備え、マルチパーパスカメラとコントロールユニットが理想的な配光パターンを毎秒100回の頻度で解析することできめ細かく高精度な配光を実現するマルチビームLEDヘッドライトを標準装備、夜間走行におけるドライバーの負担を軽減してくれる。

インテリアには本革ブラックのシートを特別装備。トリムにもブラックアッシュウッドを採用し、ブラックとシルバーで統一された落ち着いた室内空間に仕上げられた。

また、速度計、タコメーター、アシスタンスシステムの作動状況、ナビゲーションの案内などドライビングに必要な情報をカラー表示する12.3インチコックピットディスプレイ、身体と座面の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵された複数のファンが除去することで、暑い季節の快適性を高めるシートベンチレーション(前席)も装備。さらに、前席カップホルダーカバーに「Magno Night Edition」のバッジをあしらい特別感も演出されている。
足回りには、エアスプリングと電子制御ダンパーの緻密なコントロールにより快適な乗り心地を提供するAIR BODY CONTROLサスペンションを採用している。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!