ニュルで量産NA最速タイムをマークした「ポルシェ911GT3」の予約受注が開始!

「911 RSR」由来のスワンネック型リヤウイングが最大の特徴

ポルシェジャパンは、「新型911GT3」の予約受注を4月7日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始したことをアナウンスした。価格は6速MT/7速PDKのいずれも22,960,000円(税込)となっている。

第7世代目となるタイプ992型911GT3は、最高出力510ps、最大トルク470Nmの4Lフラット6を搭載。これは先代モデルとなるタイプ991のGT3より10ps/10Nmの上乗せで、最高回転数は9000rpmをマークする。トランスミッションは6速MTと7速DCT(PDK)が設定され、0-100km/h加速タイムはMTで3.9秒、PDKで3.4秒を発揮、最高速はそれぞれ320km/h、318km/hというパフォーマンスを誇る。

モータースポーツ由来の空力性能は、ドラッグを最小限に抑えつつ強力なダウンフォースを発生。特にGTレーシングカーである「911 RSR」と同様のスワンネック型リヤウイングとディフューザーは、高速コーナリング時に大きな効果を発揮するという。

こうしたハイパフォーマンスを発揮する一方、車両重量はMT仕様では1418kg、PDK仕様は1435kgと先代と同等に抑えられたことで、ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて、20.8kmのフルラップを6分59秒927、かつての20.6kmのコースでは6分55秒2をマークするなど、自然吸気エンジンを搭載した市販モデルとしては初めて7分を切るラップタイムを記録しているのもトピックだ。

 

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!