ダイハツが医療現場の除菌に貢献! 独自開発の「ウルトラバスター」を無償貸与

H.Tanaka
AUTHOR

「ウルトラバスター」は空気中の浮遊ウイルスを短時間で大幅低減!

ダイハツは、紫外線(UV)による除菌装置「ULTRABUSTER(ウルトラバスター)」を開発。近隣の医療機関などへの無償貸与を2月25日(木)より開始した。

「ウルトラバスター」は新型コロナウイルス感染拡大下、現場で活動する医療従事者に貢献するべく2020年春頃からダイハツの「くらしとクルマの研究所」にて開発を行なってきたもの。同年秋頃から近隣の医療機関や社内診療所などで実証実験を行なっていたが、このほど3月までに250台程度を近隣医療機関などへ無償貸与する。

このウルトラバスターは、室内の空気を強力に吸い込み筐体内に格納された6本の紫外線ランプの照射で除菌。専門機関による試験では、室内(25平方メートル)の浮遊ウイルスを約11分で90%低減、約21分で99%低減できる効果が確認できている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!