【スクープ】次期「ホンダ・シビック」のハッチバックが出没! アメリカ市場最強にして最新のコンパクトが間もなく出陣?

2021/03/02 07:30

次期「タイプR」のベースとなるハッチバックのスタイリングは昨年公開のセダンのプロトタイプより流麗?

ホンダは2020年11月、生産型に近い第11代目の新型「シビック」プロトタイプを公開しているが、その派生モデルとなる「シビック・ハッチバック」の次期型プロトタイプがキャッチされた。アメリカ市場に1973年に導入された初代シビックは、これまでに1200万人以上の顧客を獲得。現在では、アメリカ市場で最も売れているコンパクトカーという地位を獲得している。

ホンダのヨーロッパテストセンター付近に現れたプロトタイプは、依然カモフラージュが厳重な状態。そのためディテールは不明だが、公開されたセダンのプロトタイプより流麗なルーフラインが確認できる。また、現行モデルのハッチバックより落ち着いたシルエットに仕上げられているようだ。

また、リヤエンドではLEDテールライトの上端が全幅に広がっているデザインの一部も確認。リヤゲート回りの造形もセダンよりラウンド形状が強まり、ハッチバックらしさが強調されている模様だ。

今回、インテリア回りの確認はできなかったが基本的にはセダンと共通の仕立てとなるはず。ダッシュボード上部に9インチのインフォテインメントディスプレイを装備し、ステアリングホイールの奥にはデジタルゲージクラスターなどが装備されるはずだ。また、新しいエアバックのデザインにあわせた「ホンダ・センシング」システムのアップデート版や、対歩行者との衝突にも備えたボディ構造など、最先端の安全デバイスが導入される。

いまのところ搭載するパワートレインの詳細は不明だが、おそらく基本的にはセダンから流用。そのワールドプレミアは2021年夏という説が有力で、生産はアメリカ・インディアナ州のグリーンズバーグ工場が行われる予定だ。このハッチバック登場後は、よりスポーティな「Si」や高性能な「タイプR」の設定も確実視されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!