経済性がアップ! 「プジョー208」シリーズがマイナーチェンジ

ガソリン仕様の「プジョー208」はWLTCモード燃費が全車5%向上! 最上級グレードは名称も変更

グループPSAジャパンは、プジョーブランドのコンパクトハッチである「208」シリーズをアップデートした。「プジョー208」とそのEVバージョンの「プジョーe-208」は、欧州カー・オブ・ザ・イヤーや日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、国内外で高い評価を得ている。

今回の仕様変更では、ガソリンエンジン搭載車の全グレードでWLTCモード燃費が5%アップ(17.9km/L、旧数値は17.0km/L)。排ガス基準4つ星レベル(50%低減認定車)を取得してエコカー減税の対象となった。また、一部グレードの名称変更やグレードごとに装備追加なども行なわれている。

208 GT/e-208 GT
従来の最上級グレードだった「GT Line」が「GT」へと名称変更。車体各部のエンブレムが”GT”に変更された。加えて、エクステリアは17インチホイールのカラーがダークグレーとなる(e-208 GTのホイールは変更なし)。装備面では、フロントシートヒーターが標準化された。消費税込みの車両本体価格は、「208 GT」が2,990,000円で「e-208 GT」は4,260,000円。

208 Allure / e-208 Allure
「Allure」のガソリン仕様は、GTと同様燃費が改善されエコカー減税対象となる。車両本体価格(消費税込み)は、「208 Allure」が2,629,000円で「e-208 Allure」は3,899,000円。

208 Style
受注生産モデルとなる「Style」(消費税込み車両本体価格は2,499,000円)は、ヘッドライトがLEDにアップグレード。また、ホイールはグレーの16インチアロイホイールとなる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!