コンパクトSUVの「アウディQ2」シリーズが4年ぶりにアップデート!

新しい「アウディQ2」のパワーユニットは気筒休止システム付きの1.5Lターボ! 導入記念の限定車も用意

アウディ・ジャパンは、コンパクトSUVの「アウディQ2」 シリーズを4年ぶりにアップデート。全国の正規ディーラーを通じ、5月より発売を開始する。なお、今回のアップデートを記念した導入記念モデルとして限定125台の「Q2 1st edition」も設定されている。

 

そのエクステリアは、まず多角形のモチーフがインサートされた8角形のシングルフレームグリルの位置が従来よりもわずかに下げられフロントセクションの幅広さが強調。LEDヘッドライトとともに、シャープ印象が強調された。また、ボンネット先端には往年の「アウディ・スポーツクワトロ」のイメージを受け継ぐ3分割スリットを新設。これに開口部が拡大したフロントバンパーや5角形モチーフを取り入れた力強い印象のリヤバンパー、新デザインのリヤディフューザーなどによりスポーティで存在感のあるデザインに仕上げられている。

グレード構成も「advanced」と「S line」の2つに改められた。advancedのアンダーガードはシルバーに、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントが施される。S lineではアンダーガードとサイドシルがボディ同色となり、ブレードのコントラストペイントはセレナイトシルバーとされ、Sルーフスポイラーも備わる。そのボディサイズは全幅1795mm、全高1530mm(advanced)と、都市部の機械式立体駐車場に入庫可能。ボディカラーには、アウディで初となるアップルグリーンメタリックを含む5つの新色を設定。組み合わせるブレードのカラーラインアップも一新された。

インテリアは、エアベントやシフトレバーのデザインを変更。また、オプションのS lineプラスパッケージを選ぶとスポーツシートをはじめ、アルミニウムルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダル、ライトグラフィックのデコラティブパネルなどでスポーティな風情が強調される。

パワーユニットは、新開発の1.5Lガソリンターボを採用。最高出力150㎰、最大トルクは250Nmを発揮し、低負荷時には2気筒で走行する気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)を搭載する。組み合わせるトランスミッションは高効率な7速Sトロニック(DCT)で、駆動方式はFFとなる。

限定125台のQ2 1st editionは、「Q2 35 TFSI S line」がベース。ボディカラーはアップルグリーンメタリックとアローグレーパールエフェクトの2色が用意され、ともにコントラストペイント、マンハッタングレーのブレードを組み合わせる。装備面ではコンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、S lineプラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージのほか、Audi Sport 19インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライトダイナミックインジケーター付き(フロント・リヤ)が標準採用。限定モデルとしての魅力度が高められている。

新型アウディQ2モデルラインアップ(価格は消費税込み)
Q2 35 TFSI advanced/3,940,000円
Q2 35 TFSI S line/4,300,000円
Q2 1st edition/5,440,000円

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!