【話題の「ヒト」】自分で見つけた武器で、全力営業する2人 メルセデス・ベンツ/BMWが誇るトップセールスパーソンの仕事

2021/02/09 11:00

昔とはクルマの買い方が変わってきた。“買う”という表現すら古くなりつつあるのかもしれない。そんな新車販売の最前線で常にユーザーに寄り添い、結果を残すセールスパーソンに話を伺った。

クルマの魅力ではなくその“買い方”を伝えたい

「数字に強い」という事前情報を聞いて想像したのは、まるで敏腕税理士のように理路整然と数字を並べる姿だった。しかし目の前で話す平井涼介氏は、とても人間味のある雰囲気が印象的だった。
「クルマをどうやって手に入れて、乗り継いでいくか。それを提案する仕事だと思っています」
我々はクルマを所有する方法として、現金一括購入のほかに、残価設定を含むローンや、リースなどがあることを知っている。しかし、自分にとって何がマッチするかを熟知している人は少ない。発売時期や景気動向によってもベストアンサーは変わる。

メルセデス・ベンツ世田谷南 MB国際認定セールス
平井涼介氏

彼はユーザーと密にコミュニケーションを取って、最適なプランを提案してきた。新車販売店のセールスなら、発売間もない新型車を成約させることこそが絶対正義だと思われる。しかし彼は、場合によっては「あえて売らない」こともある。
「クルマの残価と、契約中のリースやローンの残債を照らし合わせて、いつどのタイミングでお乗り換え頂くのがベストか。結論はひとりひとり違う。新型車が出たとしても多額の負担金が発生して無理をさせてしまうようでは、そこに未来を描くことができません」
逆に購入してから時間が経たずとも、月々の負担が変わらなければ、次々と新車へと乗り換えるような提案もする。場所柄、法人としての所有や富裕層も多いので、彼の提案は節税対策にもなると評判だ。確かに経営のエキスパートや税理士は、財務の知識とノウハウは持っていても、そのクルマが持つ独特の人気度合いや、モデルチェンジのサイクルまでは考慮しない。そうした面までを包括して、彼は提案をしてくれる。

My Best Tool

認定中古車セールス時代を含めて今年で17年目を迎えた。いつも持ち歩くボールペンは、2008年にセールスの成績で表彰された時の記念品。がむしゃらに頑張っていた20代の頃を思い出し、モチベーションが上がるとか。

その活動は多くの支持を得て、赴任7年目にしてもう500台以上のクルマとユーザーの行く末を見つめるようになった。
「私は、その先の1台が見たいのです。いいアイディアを思いついたらすぐに提案しています」
本当に好きなクルマを買って、一生モノとして愛でるのは正解だ。それを理解しつつも、短期的に乗り継ぐ選択肢を用意する彼は、むしろ誰よりもメルセデスの魅力を理解していた。製品に揺るぎない価値が宿るからこそ、彼はあえてそれを訴えず、ファイナンスシステムを踏まえて最適なプランを提案する。それは今の時代にあって、誰よりも説得力を持つメルセデスの伝道師であると思えた。

座右の銘「 思い立ったが吉日 」

メルセデス・ベンツ世田谷南
住所:東京都世田谷区上野毛4丁目35-9
営業時間:9:30-19:00
電話:03-5706-6311

まとめ:中三川大地/フォト:神村 聖(MERCEDES-BENZ) 篠原晃一(BMW) ルボラン2021年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!