メルセデス・ベンツのEQシリーズに新たなコンパクトSUVの「EQA」が登場!

AUTHOR

メルセデスEQの最新モデルは、まず190ps/375Nmを発する電気モーターと総電力量66.5kWhバッテリーを搭載する「EQA 250」が登場。最大航続距離は486km

1月20日、ダイムラーはメルセデス・ベンツの新世代電動化モデル「EQ」シリーズのラインアップに純電動パワートレインを搭載したコンパクトSUV「EQA」を設定したと発表した。欧州市場では今春から発売され、ドイツでの予定販売価格は4万7540.50ユーロ(約596万円)から。

メルセデスのピュアEVはこれまで、すでに日本でも販売されているミドルサイズSUVの「EQC」のほか、ミニバンの「EQV」が発表済み。ラグジャリーサルーンの「EQS」もデビューが予告されている。このたびデビューした「EQA」は、平たく言えば「GLA」のピュアEV版で、メルセデスEQはこれによっていよいよコンパクトセグメントに参入することになる。

まず発表されたのは「EQA 250」という前輪駆動モデル。140kW(約190ps)/375Nmを発揮する電気モーターに、総電力量66.5kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、8.9秒の0-100km/h、160km/hの最高速をマークするとともに最大で486km(NEDCサイクル)の航続距離を実現する。EQA 250の発売後は、200kW(約272ps)を発揮するモーターを積んだ高性能版や、四輪駆動の「4MATIC」モデルもラインアップされる見通しだ。

電動ドライブトレインを搭載した関係で、荷室容量は後席使用時で340L、リヤシートバックを倒した最大時は1320L。425〜1420Lを実現するエンジン車の「GLA 200 d 4MATIC」よりは劣るが、十分なレベルのユーティリティと言える。

エクステリアデザインは、ボディフォルムこそGLAの姉妹車であることを感じさせるものの、EQA独特のディテールが見られる。とくにボディ前後のエプロンやアンダーボディ、最適化されたホイールは空力性能が追求されたデザインで、Cd値0.28という空気抵抗係数の実現に大きく寄与している。「ブラックパネル」のフロントグリルや、全幅いっぱいに伸びるLEDテールランプもEQAを主張する部分だ。

ホイールは18インチ(タイヤサイズは235/55R18)を標準装着。オプションで最大20インチまでが設定され、カラーも2色または3色使いのデザインがラインアップされている。

インテリアも基本デザインはGLAに倣ったものだが、仕様によってはエアコンルーバーなどにロゼゴールドカラーがあしらわれるほか、専用デザインのレザーシートが採用される。なお、導入時は発売を記念した特別仕様車として、内外装を専用仕立てにした「エディション1」が設定される。

このほか、対話型インフォテイメントシステム「MBUX」や、多彩な先進機能で構成される運転支援システムを採用。ナビゲーションは電動ドライブトレインと連携を図り、バッテリー残量を考慮した目的地までのルートや、交通状況やドライバーの運転スタイルに合わせたルートが設定できる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!