わずか2台の激レア車! 「BMW7シリーズ」の「ピュア・メタル・エディション」が発売

AUTHOR
2021/01/09 15:00

人間国宝・奥山峰石氏の高度な打込象嵌の技法による加飾を施した銀板トリムがおりなす深い芸術性とラグジュアリーを融合

BMWジャパンは、「7シリーズ」に日本の匠とドイツのクラフトマンシップを融合した限定車「750Li xDrive ピュア・メタル・エディション」を設定。1月29日の午前11時より、BMWオンラインストアにおいて発売すると発表した。発売台数は2台限定で、消費税込みの車両本体価格は26,500,000円。なお、顧客への納車は2021年春頃の予定だ。

「ピュア・メタル・エディション」は、「BMW 7シリーズ」のなかでも、とりわけラグジュアリーな「750Li xDrive エクセレンス」がベース。BMWインディビジュアルが誇る手作業による最高品質のピュア・メタル・シルバー塗装の外観に、人間国宝である奥山峰石氏による高度な打込象嵌(うちこみぞうがん)の技法により加飾を施した銀板トリムがおりなす、深い芸術性とラグジュアリー性を極めた限定車である。

ボディカラーに採用したBMWインディビジュアル・ピュア・メタル・シルバー最大の特徴は、重厚なメタルの塊感と、磨き込まれた表面の美しさにある。これは、塗料の粒子密度向上に加え、手の込んだ厚みのある塗装面と、極めて高い平滑性という高度な技術により実現している。

内装は、最高品質であるメリノ・レザーのBMWインディビジュアル・フル・メリノ・レザー スモーク・ホワイト/ナイト・ブルーに加えて、人間国宝である奥山峰石氏が丹精を込めて手がけた鍛金・象嵌細工を施した銀板トリムが採用されている。

銀板トリムには、赤銅(金と銅の合金)による繊細な文様を切り抜き銀板に接合し、木槌や金槌で叩いてめり込ませて文様を仕上げるという、非常に高度な打込象嵌の技法による文様が施されている。表面の処理後に、赤胴部分が青みを帯びた艶やかな黒の文様として浮かび上がることで、洗練された日本画の世界観、日本人の美意識を感じさせるものだ。トリムに描かれるモチーフとして、奥山氏は、福島県にある三春滝桜の枝垂れ桜を選択。冷たいメタルの上にも春を待つ自然の息吹が感じられ、日本人の心の琴線に触れる印象的かつ芸術性の高い作品に仕上げられている。

この限定車「BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション」では、後席にエグゼクティブ・ラウンジ・シートおよびBMWインディビジュアル・クール・ボックスを標準装備。クール・ボックスには、シャンパン・ボトル等が収納でき、さらに、奥山氏の作品でも人気の高い槌目打ちの純銀製カップの表面に桜の花の文様をあしらった専用カップ2個が特別に付属する。侘び寂びのある冬の桜の枝のトリム装飾と、桜の花が咲く純銀製カップとのコントラストが、季節の移ろいを愛でる至高のラグジュアリー・ドライビング体験を演出する。

なお、BMW公式ウェブサイトではスペシャルページが設けられており、「7シリーズ・ピュア・メタル・エディション」を詳しく知ることができる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!