日本におけるシトロエンの主力となる「C3」が内外装を最新モードに!

AUTHOR
2021/01/08 09:00

「シトロエンC3」のマイナーチェンジ版が上陸! 新型の導入を記念してシックなインテリアが特徴の特別仕様車「エディション2021」を設定

1月7日、グループPSAジャパンはマイナーチェンジを受けた新型「シトロエンC3」を発売した。

●新型「シトロエンC3」モデルラインアップ
・C3フィール:2,350,000円
・C3シャイン(スタンダード内装):2,575,000円
・C3シャイン(エメラルド内装):2,595,000円
・C3エディション2021(特別仕様車):2,699,000円
※価格は消費税込み

エクステリアデザインは、2016年のパリ・モーターショーで披露されたコンセプトカー「CXPERIENCE」(Cエクスペリエンス)からインスピレーションを受けたもの。フロントマスクは、シトロエンのブランドロゴであるダブルシェブロンから伸びるクロームがLEDデイタイムランニングライトにまで広がりワイド感を強調。さらに下部は、新デザインのLEDヘッドライトまで伸びていく。さらに下のフォグランプは、ベゼル部分がカラーパックと呼応するようになっている。

現行型C3に採用されてシトロエンのシグネチャーとして認知されたAirbump(エアバンプ)はデザインをワイドに一新。3つのカプセルのセットで構成されており、ボディワークを保護するとともに、新型C3ならではの個性を補完する。リヤクオーターパネル、CピラーのステッカーはこのAirbumpのパターンを反復し、サイドビューに統一感を持たせ、新しいフロントマスクとあいまって新型にダイナミズムと力強さを加えている。

これまでもその快適性と気楽さで定評のあったインテリアの基本デザインは踏襲しつつ、さらなる快適性のためにアドバンストコンフォートシートをエメラルド内装仕様に初採用した点もニュース。これはシート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートの“当たり”感を改善したもので、「C5エアクロスSUV」で導入され好評を得たものと同様の考え方で造られている。生地裏のフォームのボリュームも従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたことで、しっとりふっかりとした比類なき柔らかさを実現し、疲労につながる車体の微震動をシートが吸収。快適な座り心地、そして乗り心地をさらに高めている。

 

パワートレインは、110ps/205Nmを発揮する1.2L直列3気筒ガソリンターボ「ピュアテック」と6速ATとの組み合わせ。新型ではエンジンマネジメントソフトウェアの最適化によりJC08モード燃費で15%向上となる21.0km/L(従来型18.2km/L)を実現、WLTCモ ードでは17.2km/Lをマークする。

新型C3フィール

新型 C3フィール(スタンダード内装)

運転支援機能は、インテリジェントハイビームやバックソナー、クルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)、レーンディパーチャーウォーニング、トラフィックサインインフォメーションなど、多彩な機能を採用。シャインにはさらにフロントソナーやバックカメラ、ブラインドスポットモニターも標準装備されている。

新型C3シャイン

新型C3シャイン(エメラルド内装)

モデルバリエーションは、スタンダード版の「フィール」と上級版の「シャイン」の2機種が基本。シャインはアドバンスドコンフォートシートとカラーアクセントの入った「エメラルド内装」と継続仕様シートの「スタンダード内装」がそれぞれのボディカラーと組み合わされる。16インチアルミホイールも標準で備わる。一方、フィールはモノトーンルーフ(ボディ同色)とスタンダード内装とシート、16インチスチールホイール、フロントソナーやバックカメラ、ブラインドスポットモニターの有無などがシャインとの相違点となる。

新型C3の導入を記念した特別仕様車「エディション2021」は、シャインをベースにテックウッド内装や、1インチアップとなる17インチホイール、ルーフステッカーを採用。特別感の高い仕立てとなっている。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!