アウディがミドルセダンの「A4」とワゴンの「A4アバント」にクリーンディーゼル仕様を初設定!

H.Tanaka
AUTHOR
2021/01/07 18:00

日本の「A4シリーズ」初となるクリーンディーゼルは駆動方式に合わせて2つのスペックをラインアップ

アウディ・ジャパンは、「アウディA4/A4アバント」にクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加。1月7日より全国の正規ディーラーを通じて発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、「A4」が5,380,000~6,120,000円。「A4アバント」は5,670,000~6,410,000円となっている。

2020年10月に商品改良を実施したA4シリーズは、エクステリアデザインを大幅に刷新。ドアパネルに至るまで改良を加え、全モデルにブリスターフェンダーを備えて全幅を5mm拡大するなど、フルモデルチェンジに匹敵する変更が施された。インテリアでは最新のインフォテインメントシステムである「MIB3」を初採用。センタースクリーンをタッチパネル式として操作性の向上を図るとともに、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現している。また、歩行者検知機能付きアウディプレセンスシティや渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの安全性や快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムをより一層充実させている。

今回、日本仕様のA4シリーズでは初採用となるクリーンディーゼル仕様は、出力の異なる2種類のエンジンユニットと、「advanced」と「S line」という2種類のグレードをラインアップ。advancedはLEDヘッドライトやLEDリヤライト、ダイナミックターンインディケーター、さらにサイドスカートなども標準装備。従来のS lineよりもスポーティな装いとなった。一方、新しいS lineにはボンネットスリットや専用バンパー、チタンブラックのハニカムメッシュシングルフレームグリルといったRSモデルのデザイン要素を採用。インテリアにはブラックグラスルックコンソールパネルを標準装備するなど、より質感が高められている。

FF駆動となる「35TDI」に搭載されるディーゼルユニットは、アルミ製クランクケースや鍛造ピストンを採用することで従来比で20kg以上の軽量化を実現。最高出力163ps、最大トルク380Nmを発揮する。また、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオンバッテリーを搭載する12V MHEV(マイルドハイブリッド)システムを採用。17.1km/L(WLTCモード)という優れた経済性も両立する。

一方、駆動が4WDのクワトロとなる「40TDI」のユニットは最高出力190ps、最大トルク400Nmを発揮。この40TDIは、A4セダンの場合で0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は241km/hに到達する(数値は欧州仕様車の測定値)。なお、A4のクリーンディーゼルは35TDI、40TDIのいずれもエコカー減税対象となる。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!