純血度際立つフェラーリ・テスタロッサの色濃い写真資料集【新書紹介】

2020/12/31 13:00

Ferrari Testarossa

ロードカーに流れる気高き源流を知るフェラーリの中でも特に色濃くモータースポーツの血統を受け継いだ”テスタロッサ”の系譜を探求、その語源となる”赤いエンジンヘッドカバー”を与えられた伝説的レースカーと180度V型12気筒エンジン搭載のレースカー、そしてそれら末裔となるロードカーまでを収録した、純血度際立つフェラーリ写真資料集。
“テスタロッサ”を初めて冠した500TRとTRC、12気筒化した250TRではスペックと戦績含むレース史を、フラット12を初搭載した312B以降のF1については80年までの戦績とストーリーを記録。
1984年登場のテスタロッサから512TR、F512Mと進化したシリーズと先代365と512のBBシリーズでは外観やエンジンはもちろん、インパネや付属工具までが仔細撮影されるなど、特に手厚い解説がされている。
歴史ある記録写真に拘らず、ヒストリックイベントなどからの新撮写真を積極使用しているのも特徴で、解像感高いハイコントラストの写真は車体を美しく際立たせ、色彩映えした高質感の作品にすることに成功している。

Ferrari Testarossa
12,848円(税込)
著者など:Aureilien Gueldry(著)
出版社:ETAI
ハードカバー/W250×H300/カラー・モノクロ/192P/仏語

お問い合わせ:代官山蔦屋書店

情報提供:代官山蔦屋書店

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!