ボルボの「S60」と「V60クロスカントリー」に48Vハイブリッドが導入!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/11/26 18:00

日本向けボルボ車は「S60」と「V60クロスカントリー」のアップデートですべてが電気駆動モデルに!

ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムセダンの「S60」と、プレミアムクロスオーバー「V60クロスカントリー」の装備を一部変更。パワートレインに48Vハイブリッドを導入して11月26日より発売を開始した。

S60は従来の「T4」、「T5」パワートレインに代わり新たに48Vハイブリッドパワートレインの「B4」と「B5」を採用。プラグインハイブリッドモデルの「Recharge Plug-in hybrid T6」とあわせて全モデルが電動化された。また、V60クロスカントリーも従来のT5パワートレインに代わりS60と同じくB5を採用。今回のS60とV60クロスカントリーのパワートレイン一新により、ボルボの国内販売モデルはすべて電動化されたこととなる。

B4とB5は、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電、エンジンの始動や動力補助を行うハイブリッドシステムを搭載する。ISGMはバッテリーモジュールへの充電、エンジンの始動、車両出力補助ならびに制動に使用される。また、スターターモーターに代わりISGMによりエンジンの始動を行ない、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減と、より上質感のある走行性能を実現させている。

エンジンは、約90%ものパーツが新設計された新世代パワートレーンDrive-E (ドライブイー)の 第3世代となる4気筒2Lガソリンターボ。優れた効率性と環境性能、コンパクトなデザインを実現しており、新世代ボディ構造とともに高レベルの衝突安全性能も考慮されている。さらにシリンダーの表面処理の改良など、エンジン内部の摩擦低減を図るとともに気筒休止システムを導入したことで一定条件を満たした状態での2気筒走行も可能に。燃費性能も向上させている。

S60に設定されるRecharge Plug-in hybrid T6は、ボルボの中大型車向けプラットフォームのSPAをベースとするプラグインハイブリッドモデル。新しいプロダクトラインとなる「リチャージ」は、外部充電可能という意味から今後導入される電気自動車とプラグインハイブリッド車の呼称として使用されるもので、電動化を推進するボルボ・カーズを象徴する位置付けとなる。186kW(253ps)/ 350Nm(35.7kgm)を発生する2L 4気筒スーパーチャージャー付き直噴ターボエンジンと、240Nmを発揮する電気モーターをリヤに配置。最大で48.2kmのEV走行を可能としている。

なお、「S60 B4 Momentum」はパワートレインの変更とあわせて仕様装備の見直しも実施。「キーレスエントリー」や「運転席8ウェイパワーシート」、グラウンドライト付きとなるボディ同色ドアハンドルなどを標準装備としながら500万円を切る価格を実現した。価格面では、新たにプラグインハイブリッドモデルのエントリーモデルとして設定された「Inscription Expression」も要注目。装備レベルを見直し、「Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription」に対して、より身近な価格設定となっている。

S60には、スポーティな装いとなる新グレードの「R-Design」もラインアップ。「洗練さ(Refinement)」の「R」を軸とした専用装備とスポーツサスペンションによる洗練された走りが持ち味で、外装はグロッシーブラック仕上げのアクセントや18インチ専用アルミホイールを装備。内装も専用オープングリッドテキスタイル/ファインナッパレザー・コンビネーション・スポーツシートや本革/シルクメタル・スポーツステアリングホイールなどが装備される。

S60、V60 クロスカントリー共通の装備レベルの一部変更では、「CleanZone–アドバンスト・エア・クオリティ・システム」が採用。車内から微粒子状物質を除去、最大95%のPM2.5粒子を車外排出することが可能となり、大気汚染や微粒子による健康への悪影響を抑制している。また、「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」が標準装備されたほか、オプションのB&Wプレミアムサウンド・オーディオシステムがアップグレード。音場再現性が向上し、新たに“Jazz Club”モードが追加採用されている。

最新のボルボらしく、180km/hの最高速度制限とケア・キー(搭載されるキー2本のうち1本がケア・キー)も導入された。ケア・キーは、運転経験の浅いドライバーや高齢者が運転する場合、また他人にクルマを貸し出す際などにあらかじめクルマの最高速度を任意のより低い速度に制限しておくことができる。

さらに先進の安全・運転支援機能「対向車対応機能」や「歩行者・サイクリスト検知機能」、「インターセクション・サポート」などを備える「衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム」をはじめ「全車速追従機能付ACC」、「パイロット・アシスト」、「ステアリングアシスト付BLIS」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA」、「ランオフロード・ミティゲーション」、「オンカミング・レーン・ミティゲーション」などは全車に標準装備されている。

S60 希望小売価格(消費税込み)

S60 B4 Momentum:4,990,000円
B5 Inscription:6,240,000円
S60 B5 R-Design:6,240,000円
S60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription Expression:6,840,000円
S60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription:7,990,000円

V60クロスカントリー希望小売価格(消費税込み)

V60 Cross Country B5 AWD:5,790,000円
V60 Cross Country B5 AWD Pro:6,740,000円

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!