【比較試乗】「DS3クロスバック vs フィアット500X vs VW Tクロス」小さくたって存在感は唯一無二。個性派スモールという選択

AUTHOR

いまや大小さまざまなSUVが顔を揃えるなかで、各ブランドの個性を存分に発揮して路上を賑わわせてくれるのがスモールクラス。仕事に買い物にと日常の相棒として乗るのなら、お気に入りのカジュアルなウェアを着こなす感覚で選びたい。ここに揃えた3台なら、きっと毎日に彩りを添えてくれるはずだ。

TクロスはスモールSUVの優等生

ドイツ、フランス、イタリアで取り揃えた今回のスモールSUVたちは、どれもがまったく違うベクトルを向いた超個性派揃いだ。

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1st PLUS/コンパクトながらもスクエアなフォルムで存在感を際立たせるTクロス。パワートレインは1L 3気筒ターボ+7速DSGのみで、TSI 1stとTST 1st Plusの2グレード展開となる。通常時455Lの広い荷室、後席は最大14cm前後スライドが可能など高いユーティリティ性も魅力。

なかでもフォルクスワーゲンTクロス最大の魅力は、誰もがすんなりと入って行ける運転しやすさにある。そのカギを握るのは、全長4115×全幅1760×全高1580mmと、今回一番小さなスリーサイズ。見切りの良いボディと高いアイポイント、そしてワイド過ぎない全幅の組み合わせは直感的な運転が可能で、乗り込んだ先から手足のように動かせる。

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

エンジンは1Lの排気量から116ps/200Nmのパワー&トルクを発揮する直列3気筒ターボ。500Xは151ps/270Nmの1.3Lと6速DCT、DS3クロスバックは130ps/230Nmの1.2Lと8速ATという組み合わせで、数字だけで見るとTクロスはいかにも走りが苦手そうに思えるが、心配は無用。7速DSGのギアリングが低速から上手にトルクをすくいあげ、タイヤをスムーズに転がしてくれるから、たとえば交通の流れの速い街中でも、快適にリードすることができる。

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

もちろん、前が急に開けたときなど、とっさな加速での蹴り出しはややパンチに欠ける。しかし少し先を見越してアクセルを合わせて行けば、3気筒ターボは“グーン”と小熊のようなうなりを上げて加速する。DSGは相変わらず切れ感やレスポンスが素晴らしく、MT気分でこれを走らせれば、むしろ1Lエンジンの精緻さに愛着すら湧いてくる。

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

適度に引き締められた足まわりはSUVならではのストロークによってフラットで快適な乗り心地も確保しており、同じモジュールボディのポロに比べて反発感やチープさが上手に封じ込まれている。Tクロスは現代基準のスモールカーであり、スモールSUVのお手本だといえる。

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

VOLKSWAGEN T-CROSS TSI 1St PLUS

フォト=柳田由人/Y.Yanagida ルボラン2020年12月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!