【ホイールカタログ2020秋】「ユーロアクシス クロスエッジ」レアマイスターより新たなブランドが誕生。第一弾はSUV対応品

AUTHOR

レアマイスターから輸入車用の新たなブランド「ユーロアクシス」が始動する。注目の第一弾は人気のSUVに向けた5スポークタイプで、力強さを表現しつつディテールにもこだわった力作だ。

力強さとデザイン性でSUVをブラッシュアップ

輸入車対応のコスパに優れたアルミホイールをリリースしているレアマイスター。さらなる進化を目指した新ブランド“ユーロアクシス”が2020年に誕生、ニューモデル第一弾となる「クロスエッジ」の近日発売が決定した。メインターゲットとされたのはインポートSUVで、フォルクスワーゲン、アウディ、ボルボ、プジョー、ジャガー、ランドローバーなどのモデルに対して適合が図られている。
クロスエッジのデザインコンセプトは、ヘビーデューティなイメージのSUVに負けないような力強さとのこと。そのためのポイントは、リムオーバーと呼ばれるサイドウォールぎりぎりまで伸ばされたスポークで、視覚的な大径化をアピールする。

ひねりの入った表面に加え、末端には三角形の切り欠きが入るスポークは、デザイナー渾身の逸品。リム外周ぎりぎりまで伸びて、ホイールをより大きく見せる。オーソドックスな純正ホイールではなかなか実現できない造形であり、ホイール交換の満足度を高めてくれる。

また、いちばん外側にくる部分を三角形に切り欠くことで、躍動感も表現している。さらに、スポーク部はひねりの入った三次曲面も盛り込まれた。一見すると定番の5本スポークではあるが、ディティールへのこだわりが、存在感を与えてくれる。
豊富に揃ったカラーバリエーションもうれしいポイント。ノーマル風に見せたいならベーシックなシルバーがよいし、足元に視線を集めたいならマットチタニウムやグロスブラックもオススメしたい。リムを赤いラインで彩ったマットブラックカラーを、相性のいいボディカラーと組み合わせればセンスのいいカスタムが仕上がる。これだけ選択肢があるなら、目立ち過ぎるのを避けたいアンダーステートメント重視のみなさんから、愛車の足元でちょっと遊んでみたいカスタム派の諸兄まで楽しめるはずだ。
新型車を手に入れて、何かしたいならホイールチェンジはちょうどいい第一歩。よりよいSUVライフのために、まだ誰も履いていないクロスエッジを検討してはいかがだろうか。

【Wheel Specification】

EUROAXIS CROSS Edge
◎サイズ/価格
16inch×6.5J/36,000~37,000円
17inch×6.5~7.5J/43,000~45,000円
18inch×7.0~8.0J/51,000~60,000円
19inch×8.0~8.5J/60,000~68,000円
20inch×8.0~8.5J/75,000~82,000円
◎カラー
シルバー、マットチタニウム、グロスブラック/リムポリッシュ、グロスブラック/カットスポーク、マットブラック/レッドリム、クロームハイパーシルバー
◎対応車種
VW/アウディ/プジョー/ボルボ/ランドローバー/その他国産車等

お問い合わせ
レアマイスター 022-348-3319 http://www.lehrmeister.jp

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!