プラグインHVのベストセラー、「三菱アウトランダーPHEV」の安全装備が充実

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/30 17:00

特別仕様の「アウトランダーPHEVブラック・エディション」を続投させつつグレード構成も見直し

三菱自動車は、ミッドサイズSUVのプラグインHVである「アウトランダーPHEV」のグレード展開を見直すとともに一部改良を実施。10月29日より全国で販売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、4,364,800円~5,294,300円となっている。

今回のおもな変更点は、グレードを「Sエディション」、「Gプレミアム・パッケージ」、「G プラス・パッケージ」、「G」の全4タイプに再編成。一方、特別仕様車の「ブラック・エディション」も引き続き販売される。

また、これまでSエディションとGプレミアム・パッケージにのみ標準装備としていた、予防安全技術「e-Assist」の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)[BSW/LCA]と、後退時車両検知警報システム[RCTA]を全車に標準装備。ドライバーの負担をいっそう軽減させ、乗る人すべてに安心・安全を提供している。加えて車両接近通報装置の法規対応にともない、車両接近通報OFFスイッチの廃止と、通報音の音量・音質を最適化させた。

アウトランダーPHEV』車種サイト
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/index.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!