マツダ注目のマイルドハイブリッドモデル「MX-30」の試乗インプレッション&動画

山口礼
AUTHOR
2020/10/23 12:00

新しい時代に切り込むマツダの想いがぎっしり詰まった渾身の一台

そのデザインを初めて目の当たりにした瞬間に「お、なにやらマツダが新しいことを始めたぞ」と予感させてくるMX-30。
マツダは2030年までに、販売する全モデルを電動化すると発表しており、その皮切りとなるのがこのMX-30マイルドハイブリッドだ。
この先10年のマツダを占うという意味でも興味深い一台をレポートしていきたいと思う。

まずはそのデザインを見ておこう。
MX-30のコンセプトは「私らしく生きる」だ。シャープに洗練されたデザインというイメージではなく、丸みを帯びたシルエットは親しみやすい温もりを感じさせてくれる。近年のマツダは、「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」をデザインテーマとし、人の手が作り出す美しい形と作り込みを基礎とした車作りを行って来たわけだが、その中に新しい方向性を打ち出そうという気概を十分に感じさせてくれる。

細かい部分に目をやると、まず印象的なのはフロント周りだ。シグネチャーウィングが廃されたグリルは上下幅が狭く、その分バンパー部分に厚みをもたせることで自然な余白を作り出している。そのままヘッドライトに目をやると、昨今のマツダデザインに共通するシリンダー形状の奥行き感のあるヘッドライトが配置されているが、これがまるで「優しい瞳」がこちらを見つめているようで、愛くるしさの中にも芯の強さを持った、優しくて従順な大型犬のような印象を感じさせてくれる。
想像するに、この車のオーナーはその日々の中でふと愛車と目があう度に、車に対する愛着が増していくような感覚を持てるのではないだろうか。

またサイドから車を見るとその印象に少しフロントとの違いが感じられた。
一言で言ってしまえばシンプルなのだが、その造形には様々な工夫が施された曲線美があり、力強さと軽快さが共存している。曲線美を感じさせる形状のシンプルなボディをあえて少しカクカクしたスクエア形状のフェンダーアーチで支えることで引き締め、力強さと頼りがいも同時に感じさせるあたりが非常に印象的だ。

そして、何より目を引くのがこの車の象徴的存在である、観音開きの「フリースタイルドア」。
大きく開いた開口部は開放感を感じさせ、自然と覗き込みたくなるような室内空間へのおもてなし感が演出されている。
実際に覗き込むと、その室内空間へのこだわりも相当なもので、まず目を引くのがコンソール周りである。
空間に浮き上がっているかのようなフローティング構造を採用したセンターコンソールと、その下部に配置されたコルク素材のトレイがモダンさと温もりの絶妙なコンビーネーションを織り成す。
ちなみにこのコルク素材は、コルク栓を生産した際に出る端材を製品に利用した環境負荷の少ない素材だが、マツダ社の前身は1920年に設立された「東洋コルク工業株式会社」であることを考えると、マツダの歴史がここに集約されていると捉えることもできる。

さて、気になる走りはどうか。
走行を始めたすぐに感じたのは、間違いなく「マツダらしい味付け」が施された乗り味が根底にあるということ。詳しくは後述するが、包まれ感のあるコクピットはポジションを取りやすく、車の動きも感じ取りやすい。
しかし表立つドライブフィールと乗り心地は、マツダの持つスポーティなイメージとは一線を画するものだということも併せて強調しておきたい。

突き上げ感が皆無で、非常に乗り心地がフラットなのだ。路面の細かいギャップを見事にサスペンションが吸収し、不快感を乗員に全く感じさせること無く滑らかな感覚は非常に好印象。誤解を恐れずに言うと、操舵感に適度な緩みがあり、肩肘張らずに誰もが運転しやすい車だと言えるだろう。これは、マツダというメーカーに対する筆者自身の先入観からは意外なものではあったが、一台の車のパッケージングとして考えると、デザインや内装の質感がもたらすこの車の世界観とその走り性質の親和性は非常に高いと感じる。

ただし、先に述べたように「マツダらしい味付け」もしっかりと表現されている。特にステアリング操作の後半の動きに、その巧妙な作り込みの上手さを垣間見た。具体的に言うと、コーナーを立ち上がって車が直進状態に向かってい行くときに、ドライバーは切り込んだステアリングを徐々に戻していくわけだが、そのステアリング動作合わせて車のロールが水平な状態に向かってフラつく事なくビシッと戻っていく。コーナリング興亜版の安定感が非常に高いので、安心してアクセルを踏み込みながらコーナーを脱出できるのだ。これこそが最初に「マツダらしい味付け」が根底にあると述べた理由だ。

ひと目見た瞬間に、マツダの新しいチャレンジを感じさせる独特の存在感を持ったMX-30。CX-30との違いが気になるところではあったが、実際に触れてみるとその世界観は全くの別物であるということが分かった。よって、メーカー云々は関係なく、このデザインや内装を第一印象で気に入ったユーザーには、自信を持ってオススメできる。

「マツダにはこんな技もあるのか」と知らしめてくれるMX-30は、新しい時代に切り込むマツダの想いがぎっしり詰まった渾身の一台と言えるだろう。

【Specification】マツダMX-30 2WD[100周年特別記念車(4WD)]
車両本体価格(税込)=2,420,000円[3,393500円]
全長/全幅/全高=4395×1795×1550mm 
ホイールベース=2655mm
トレッド(前/後)=1565/1565mm
車両重量=1460kg[1520kg]
エンジン型式/種類=PE-VPH/直4DOHC12V+ モーター
内径×行程=83.5×91.2mm
総排気量=1997cc
圧縮比=13.0
最高出力=156ps(115kW)6000rpm
最大トルク=199Nm(20.3kg-m)4000rpm
モーター型式/種類=MJ /交流同期電動機
モーター最高出力=6.9ps(5.1kW/1800rpm
最大トルク=49Nm(5.0kg-m)/100rpm
燃料タンク容量=51L(レギュラー)
バッテリー種類=リチウムイオン電池
燃費(JC08 / WLTC)=16.9/15.6km/L[16.1/15.1km/L]
トランスミッション形式=6速AT
サスペンション形式=前:ストラット/コイル、後:トーションビーム/コイル
ブレーキ=前:V ディスク、後:ディスク
タイヤ(ホイール)=前:215/55R18(7J)、後:215/55R18(7J)
公式サイト=マツダMX-30 https://www.mazda.co.jp/cars/mx-30/

フォト=宮越孝政/T.Miyakoshi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!