日産が新たなコンパクトSUVの「マグナイト」を発表

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/23 09:00

新SUVの「日産マグナイト」は2021年初頭からインドで発売開始!

日産自動車は、新型小型SUVの「マグナイト」を発表した。このモデルは、力強いパフォーマンスや目を引くエクステリア、先進テクノロジーを兼ね揃え、あらゆる都市環境での運転に最適なモデルに仕上げられているという。

「日産マグナイト」は、インドでは日産初となる全長4m以下の小型SUVで事業構造改革「Nissan NEXT」にとっても重要なモデル。2021年初頭にインドで発売後、その他の地域にも発売が拡大される予定だ。

日本でデザインされたマグナイトは、インドの利用者のニーズに合わせて開発。大胆なエクステリアと広い室内空間、力強いターボエンジン、そして先進的な安全技術を採用し、さまざまなシーンにおいて快適なドライビングを提供する。

ちなみに、車名は「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」が由来。インドをはじめとした、成長地域における日産の新時代への思いが込められているという。

マグナイトのエクステリアは、大胆で斬新なデザインが特徴的。自信に溢れた俊敏なスタンスを保ちながら、元気で若々しい印象を与えている。シャープなLEDヘッドランプの下にはL字型のデイタイムランニングライトを組み合わせ、日産の新しいブランドロゴが入ったグリルが、よりSUVらしさを際立たせる造形となっている。

インテリアは運転席と助手席の空間に余裕がある、ゆったりとした室内を提供。後部座席は、ひとクラス上のクルマに匹敵するような足元のゆとりを実現した。また、8インチのタッチスクリーンを持つインフォテイメントシステムはApple CarPlayとAndroid Autoに対応。メーターには、同セグメントでは画期的な7インチのTFT液晶ディスプレイを採用することでプレミアム性もアピールされている。

日産マグナイトが搭載するパワーユニットは、セグメントトップクラスの性能を誇る新型1Lターボ。加えて荒れた路面でも安心感のある205mmの最低地上高やヒルスタートアシスト、前後バンパー下部に装着されるシルバーのスキッドプレート、機能的なルーフレール。さらにはクルマの周囲にある障害物を見やすくする、先進安全技術のアラウンドビューモニターを採用。運転時の安心感を提供している。

なお、日産マグナイトはあらゆる過酷な道路環境にも対応できるよう、「GT-R」やクロスオーバーEVの「アリア」などの実験を行なっている日産の栃木試験場を活用し開発されている。

Nissan NEXT(ニッサンネクスト)URL
www.thenissannext.com

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!