新型「三菱エクリプス クロス」の予約受注がスタート! 新たにプラグインHV仕様が追加

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/19 18:00

「三菱アウトランダーPHEV」に続くプラグインHVモデルの第二弾!

三菱自動車は、12月に発売を予定しているクロスオーバーSUV新型「エクリプス クロス」の予約注文を10月15日に開始した。

「エクリプス クロス」はデザインを一新するとともにプラグインHVのPHEVモデルを追加。車両本体のメーカー希望小売価格は、PHEVモデルで約385万円~約450万円(消費税込み)、ガソリンモデルが約255万円~約335万円(消費税込み)。また、発売までの間にPHEVモデルを予約注文した顧客には、特典として4種類の「選べるオプションプレゼント」が用意される。

エクリプス クロスは2017年にグローバルで発売以来、スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合したクロスオーバーSUVとして好評を博してきた。今回はフロントとリヤのデザインを一新。上質感を高めながらいっそう流麗で洗練されたフォルムとしたほか、荷室容量を拡大してSUVとしての使い勝手を向上させている。

また、プラグインHVカテゴリーで世界最多販売台数を誇る「アウトランダーPHEV」から引き継いだツインモーター4WD方式のPHEVモデルを新設定。モータードライブならではの力強さと静かで滑らかな加速、車両運動統合制御システムS-AWCがもたらす思い通りの操縦性、軽快感と安心感でエクリプス クロスの走りの魅力を高めている。

デザインでは、SUVの力強いパフォーマンス、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が進化。各種ランプレイアウトの変更により、一層精悍でスポーティな表情となっている。また、バンパー下部にアンダーガード風ガーニッシュを採用し、SUVとしての力強さを表現している。

リヤデザインではエッジを利かせたシルエットとなるダブルガラスから、流れるようなシルエットとなるシングルガラスに変更し、より洗練されたスタイリッシュなフォルムを実現するとともに良好な後方視界を確保させた。また、三方向に延びる立体的なリヤランプがスタイリッシュなデザインを強調しつつ、高い位置に配置することで被視認性の良さと独自性を演出する。

さらに分厚いボディパネルやバンパーは塊の強さ、頑丈さを表現しつつ、そこに刻まれた背面装着式スペアタイヤからインスパイアした六角形のモチーフと相まって、SUVとしての機動性とスタビリティの高さが表現されている。

インテリアでは、ブラックを基調色とし、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用したほか、メーカーオプションの本革シートは従来のブラックに加えてライトグレーを新設定。ドアトリムも同色でコーディネートし、上質でスポーティな空間としている。

PHEVモデルでは、前後1基ずつの高出力モーター、大容量の駆動用バッテリー、2.4L MIVECエンジンなどで構成する「アウトランダーPHEV」で実績のあるツインモーター4WD方式のPHEVシステムを「エクリプス クロス」に最適化させて搭載。電動車ならではの滑らかで力強く静かな加速、軽快感と安心感のある走りを実現した。

走行モードは、駆動用バッテリーの電力でモーター駆動する「EV走行モード」、エンジンで発電した電力でモーター駆動する「シリーズ走行モード」、エンジンで発生した動力で走行し、モーターがアシストする「パラレル走行モード」の3つの設定で、走行状況に応じて自動で切り替えられる。

また、車内に設置したAC100V電源(最大1500W)より電力供給が可能で、アウトドアレジャーでは便利な、非常時では頼もしい電力源となる。さらに、V2H機器を接続すると、車に蓄えた電力を家で使う家庭用蓄電池としての価値も提供。満タン、満充電の状態から一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することが可能となる。

予約注文特典

発売日までの予約注文期間にPHEVモデルを注文すると特典として、「ガーニッシュパッケージ」、「前後ドライブレコーダーパッケージ」、「アウトドアパッケージ」、「充電設備機器設置支援」 からなる4種類の「選べるオプションプレゼント」が用意される。

また残価設定型クレジット「スーパーマイカープラン」を、予約注文期間にPHEVモデルを注文する特典として「実質年率1.9%」で実施する。

新型「エクリプス クロス」スペシャルサイト
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/special/index.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!