【知られざるクルマ】 Vol.9 排気量と関係ないインフレ車名……ポンティアック6000、アウディ5000、サンタナ3000などなど

誰もが知る有名なメーカーが出していたのに、「あまり知られていないクルマ」をご紹介する連載、その名も【知られざるクルマ】。前回・前々回と、「アメリカに渡ったフランス車」をご紹介したが、第9回では、テーマをもう少しゆる〜くして、「排気量と関係ないインフレ車名」をもらっちゃったクルマたちを選んでみよう。なお、「アメリカに渡ったフランス車」の続きはまだあるので、改めて記したいと思う。

一応、選定のルールを……。

クルマの数だけ車名があり、その数は膨大である。しかも「固有名詞」や「英数字」を用いるなど、命名方法もバラバラだ。英数字を車名に持つクルマの中には、単純に排気量を表したり、もしくは排気量を2桁や3桁で示したり、あるいは「シリーズ名」を示すものが多いが、中には排気量と全然関係のない「インフレ車名」を持っていたクルマがあった。

こちらは今回の記事の「ルール外」となる “シリーズ名” を車名に持つ「GMC 9500シリーズ」。1950〜1970年代頃までは、メーカーごとに車種も少なく、排気量をそのまま車名にすることがあった。とくに商用車は、英数字や形式名が車名やシリーズ名になっていたことが多かった。写真のGMC 9500シリーズは、のちに「ブリガディア」という固有名詞が与えられた。

そもそもエンジンが大きなクルマだと、車名に「5000」などと付与されても、間違ってはいない。1960年代の「マセラティ5000GT」が、その一例だ。もしくは、シボレー/GMCのトラックに昔与えられていた「5000」「7500」「9500」などのシリーズ名もインフレ車名ではあるが、こちらも除外する。あと、「日産・スカイライン2000GT」のように、車名+排気量表示のうち、「2000GT」がグレード名という場合も除く。そこで今回は、この3条件を省いて、インフレ車名をいくつか記していこう。

ポンティアック6000は、6000ccじゃない!

GMのインターミディエートは、1982年にフルモデルチェンジを行った。中堅のドル箱車種としてGM傘下の各ブランドに割り当てられ、ポンティアックでは「6000」という車名を得た。写真は、1983年に追加されたスポーティ・バージョンの「STE」で、6灯ヘッドライトが特徴。

ところで、アメリカ車の車格を大まかに分けると、下からスモール・サブコンパクト・コンパクト・インターミディエート・フルサイズという順番になる。コンパクトといっても日本のコンパクトとは概念が違い、1970年代ではボディが日本の3ナンバーサイズ以上で、エンジンは、車種によっては3.8Lもあった。そのため「中間車種」となるインターミディエートも、軽く全長5mを超えていた。省燃費化が叫ばれるようになった70年代後半に入ると、アメリカ車全体で車体とエンジンのダウンサイジング、FF化が進み、GMのインターミディエートも、1982年のフルモデルチェンジで「Aボディ」に進化。全長を50cm以上(!)削って4.8mほどに抑え、駆動方式もFFとなった。

「あれ、このワゴン、日本で見たことあるぞ、あ、リーガルワゴンだ!」と思った人は、かなり鋭い。というのも、日本でもヒットして、今でも街で見かける「ビュイック・リーガル」は、ポンティアック6000の兄弟車だったのだ。なおリーガルは、アメリカ本国では「センチュリー」と呼ばれていた。

いろいろなブランドを傘下に持つGMでは、ブランドごとに兄弟車を用意するのが常だったため、Aボディでも「シボレー・セレブリティ」、「ビュイック・センチュリー」、「オールズモビル・カトラス・シエラ」、そして「ポンティアック6000」を作り分けていた。

ポンティアックはスポーティブランドという位置付けだったが、登場当初の6000にはさしてその特徴が出ていなかったこともあり、1983年になって「STE(スポーツ・ツーリング・セダン)」というスポーティバージョンを追加した。6灯ライトを持つ2分割グリル、サイドサポートを強めたフロントシート、スポーティサスペンションなどを持ち、1984年には車両の各種情報を表示するデジタル・インフォメーションやデジタルメーターも備わり、スペシャル感を強くしていった。

ポンティアックの数字車名を持つ末弟が、スモールカーの「T1000/1000」だった。1981年登場。兄弟車に「シボレー・シェベット」や「オペル・カデット」そして「いすゞ・ジェミニ」などがあり、その正体はGMが「Tカー」として生み出したワールドカーの一員だった。当時のアメリカ車としては全長約4.1m、排気量1.6Lは異例の小ささである。1983年には車名が単なる「1000」に変わり、1987年まで販売された。

キニナル6000という車名だが、6000に積まれたエンジンは直4 ・2.5L、V6・2.8/3.1L、V6・4.3Lディーゼルだったので、排気量は関係なかったことがわかる。なおこの時期、ポンティアックにはスモールカーの「T1000/1000」、サブコンパクトの「J2000/2000(のちにサンバードに改名)」などの数字車名があった。T1000は1.6Lクラス、J2000は1.8/2.0Lクラスで、こちらも車名と排気量の関連性はなかった。

まさしく「知られざるインフレアウディ」……その名も「5000」

アウディA6のご先祖「100」の初代(C1)は1968年に登場し、北米市場でも発売を開始した。その後1976年にフルモデルチェンジを受けて、ガソリンエンジン車初の直5エンジンを積んだ2代目(C2)になった。その際も北米での販売を継続したが、車名を「5000」という超インフレ数字に変更している。イメージチェンジや5気筒エンジンの印象付けの意味があったのだろうか。

1978年から83年にかけて、アウディ100は北米では「5000」というとんでもないインフレ車名で販売されていた。かつての北米向けの常で、汎用のヘッドライト・5マイルバンパーを装着せねばならなかったため、オリジナルのシンプルな雰囲気は失われているが、この「典型的な北米仕様」を好む(筆者もそう)クルマ好きも多い。上は2代目アウディ100(C2)ベースの1979年型5000、下写真は3代目(C3)の「200」をベースにした1985年型5000ターボ。

C2は角形ヘッドライトだったが、当時まだヘッドライトが汎用のシールドビーム以外用いることができなかった北米市場に合わせ、丸目4灯で登場しており、大きな5マイルバンパーと合わせ、いかにも北米仕様という姿を持っていた。その後、角形ヘッドライトに変更された際は、ターボエンジンを得てデビューした100の上位版「200」がベースとなった。それを受け、1980年になって5000にもターボ版が投入された。

1983年に100がフルモデルチェンジして3代目(C3)になった時も、北米向けは5000の名を継続した。しかし、アウディ5000が起こした事故をアメリカのマスコミが扇情的に伝え、それで生じたマイナスイメージを払拭するため、1988年頃になって本国と同じ100/200という車名に戻されている。

アウディ80もしくは90も、北米市場では一時期「4000」という名前を持っていた。写真は90ベースの1986年型4000。かつて北米仕様車といえば汎用の丸型・角形ヘッドライトのみが許可されていたが、1984年以降は自由な形状が許されたため、この4000のヘッドライトはオリジナルの矩形を採用している。

え、そうだっけ? と勘違いさせる「微妙なインフレ車名」

ポンティアック6000、アウディ5000ともに、「このクルマの見た目ではそんなに大きなエンジンは積んでいないな」という雰囲気が漂っているのだが、中にはインフレ数字車名が「排気量」でもおかしくなさそうな車種があった。それが「VWサンタナ3000」だ。「サンタナ3000」までが一式で「車名」である。サンタナといえば、かつて日産座間工場でノックダウン生産していたことで知られる。元々は、ハッチバックとワゴンボディのみで、セダンを有していなかった2代目パサートの「セダン版」がサンタナだった。しかもサンタナは中国やブラジル、そして日本で現地生産が行われた、「世界戦略車」でもあったのだ。

日産座間工場でも製造された「VW・サンタナ」が、ブラジルでも生産を行っていたほか、中国では国民車的な存在だったことを知っている人も多いだろう。上写真は、日産・VW・サンタナ。下は中国の「サンタナ3000」だが、3000ccエンジンは積んでいない。

本国と日本では1988年ころに生産を終えたものの、ブラジルでは2006年まで、そして中国では2012年まで、独自の進化を遂げながら販売が続いたサンタナ。その中国サンタナは、1995年に「サンタナ2000」へと車名も変わり、さらに2004年には「サンタナ3000」となったが、エンジンは直4の1.6/1.8/2Lで、3000という数字とは何も関係がなかった。でも、近代化されて車体サイズも4.7m近くまで拡大したこのサンタナを見ると、3000ccのエンジンを積んでいそうな気もする。

なお、サンタナ3000はこのあとさらに改良を行い、2008年になって最終的進化系の「サンタナビスタ」となって生産を終えている。

サーブ9000はインフレ車名ながらも「意味があり、わかりやすい」?

最後にお送りするのが、乗用車の車名でもっとも数字が大きいのでは? という「サーブ9000」である。900の上位車種として1984年に公開された9000は、大型車の需要があまり大きくないメーカーが協業して上位モデルを生み出すことで開発コストを抑えようというプロジェクトによって誕生し、「フィアット・クロマ」、「ランチア・テーマ」、「アルファロメオ164」を兄弟に持っていた。なお以前にもサーブは、ランチア・デルタを「サーブ・ランチア600」として北欧で発売したことがあり、両者には少なからず縁があった。

排気量と関係しない車名の乗用車で、ひょっとしたら最も数字が大きい車種かもしれない「サーブ9000」。

現在はVWグループにあるスカニアは、かつてサーブ・スカニアという企業体を作っていた。そのため、航空機・乗用車・バス・トラックなど、手がけていた製品は多岐にわたっていた。上写真の乗用車は、左が9000、右が900。なお、現在サーブの乗用車部門は消滅している。

9000のエンジンもむろん9000ccあるはずもなかったが、サーブの場合、バリエーションとして900の廉価版「90」、メイン車種の「900」、そしてこの「9000」を揃えていたため、車名にも法則性や意味があり、車種展開の把握をしやすくする一助となっていた。

第9回はこんな感じで車種を絞らずに、テーマで車種を集めてみた。次回もテーマを決めて、知られざる車種についてまとめてみたい。

フォト=GM、アウディ

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!