新型「スマートアシスト」を標準装備! 「スバル・ジャスティ」が一部改良

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/24 16:00

内外装のデザインも一新! シートは前後とも機能が向上

スバルは、コンパクトトールワゴンの「ジャスティ」を一部改良。2020年9月24日に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は2WDが1,964,600円、4WDは2,164,800円。

今回の一部改良では、運転支援システムの「スマートアシスト」をアップグレードして標準装備。新しいスマートアシストは、ステレオカメラの刷新により衝突警告機能・衝突回避支援ブレーキの性能が向上したほか、全車速域アダプティブクルーズコントロールや路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能等を追加。長距離の走行でも、ドライバーの負荷をこれまで以上に軽減し、安全運転を支援する。

また、アクセスキーを持って車両に近づくだけでスライドドアが自動で開く、ウェルカムオープン機能付きパワースライドドアを採用。両手がふさがっていても、スムーズな乗り込みや荷物の搬入を可能にしている。

さらに、シフトセレクターをPレンジに入れることで自動的に作動させることができる電動パーキングブレーキ、停止時にブレーキペダルから足を離してもブレーキを保持するオートブレーキホールド機能を装備。日常使いの中でドライバーにかかる、細かな負担を軽減している。

内装では、ホールド性が高く疲れにくい新開発のフロントシートを採用したほかリヤシートも座面を厚くして乗り心地を向上。デザイン面でもメーターパネル、センタークラスターパネル、ステアリングホイールなどの質感が向上。外装もよりダイナミックなデザインに一新され、新色としてターコイズブルーマイカメタリックを採用している。

 

スバルオフィシャル web サイト ジャスティ
https://www.subaru.jp/justy/justy/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!