エクステリア&インテリアが一新! 「ジャガーFペイス」がマイナーチェンジ

AUTHOR
2020/09/24 13:00

トータルで404ps/640Nmを発揮するプラグインハイブリッド車「P400e」を新たに設定

9月15日、ジャガー・ランドローバーはマイナーチェンジを受けた新型「ジャガーFペイス」を発表した。英国市場ではすでにオーダー可能で、販売価格は4万860ボンド(約544万円)からとなっている。

エクステリアは前後バンパーやLEDを用いた前後ライトを一新。よりダイナミックで洗練された走りをイメージさせるルックスに生まれ変わった。これに加え、フロントグリルのデザインも変更され、押し出しの強さが強調されている。

インテリアではインパネやセンターコンソールのデザインを変更。ダッシュボードは横基調でキャビンのワイド感を強調。ステアリングホイールやシフトセレクターも新しい造形となり、洗練度を増している。また、センターパネルのタッチディスプレイは従来の10インチから11.4インチに拡大されたほか、最新のインフォテイメントシステム「Pivi Pro」を組み合わせる。センターディスプレイ下部のエアコン操作ダイヤルも凝っていて、細部にまで作り込まれたデザインとなっている。

パワートレインでは、プラグインハイブリッド仕様の「P400e」を新たに設定。このモデルには300ps/400Nmを発揮する2L直列4気筒ガソリンターボ「インジニウム」エンジン+8速ATに、143ps/275Nmを発するモーターと17.1kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。総合で404ps/640Nmを引き出し、0-60マイル(約97km/h)加速を5.0秒でこなすパワフルな走りを実現する一方、最大53kmのEV航続距離を実現。EVモード時の最高速は140km/hをマークする。

ガソリンおよびディーゼルエンジンは、2L 4気筒ターボと3L 6気筒ターボがそれぞれ複数スペックで用意されるが、いずれのユニットにも48Vシステムを組み合わせるマイルドハイブリッド仕様がラインアップ。効率性も追求したモデルが設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!