【比較試乗】「BMW M8カブリオレ・コンペティション vs M8グランクーぺ・コンペティション vs M8クーペ・コンペティション」M8コンペティションを乗り尽くせ!

萩原秀輝
AUTHOR
2020/09/22 12:00

Mの最上位モデル「M8」。その中でも走りを極めた「コンペティション」のバッジを付ける全ボディタイプが関東の梅雨明け初日、ワインディングに集結。クーペ、カブリオレ、グランクーぺ、それぞれの美点は何か? ここでは、ボディタイプがもたらすパフォーマンスの違いをお伝えしよう。

クーペと基本性能から違うグランクーペらしい走り

この記事は、まずはMの小ネタから紹介しよう。従来は、M8を頂点とするラインナップがMモデルとして理解されていた。だが、2018年からBMWではMモデルは改めてサブブランドとして定義。Mモデルは、Mハイパフォーマンス・モデルとして位置づけられている。なお、Mパフォーマンス・モデルは従来のまま。つまり、サブブランドとしてのMモデルを傘として両モデルのラインナップが展開されているわけだ。

BMW M8 COMPETITION

2基のターボチャージャーはVバンク間に配置され両シリンダーからクロスし排気エネルギーが導かれる。コンペティションはベースモデルに25ps上乗せし625psを発揮。

ということで、ここではMモデルのMハイパフォーマンス・モデルについてイメージを象徴するM8の研究を進めたい。M8は、2019年からクーペとカブリオレに続き、4ドアのグランクーペの順に日本で発表、現在では全モデルが納車を開始している。

BMW M8 CABRIOLET COMPETITION

BMW M8 CABRIOLET COMPETITION

プラットフォームは、FR系BMWで共用化されているが、ホイールベースやトレッドはM8専用設定 (一部8シリーズを含む) であり基本性能の段階から走りに対するこだわりが明らか。さらに、ホイールベースとトレッドはクーペおよびカブリオレとグランクーペでは異なっている。

BMW M8 COUPE COMPETITION(左)とM8 GRAN COUPE COMPETITION(右)

BMW M8 COUPE COMPETITION(左)とM8 GRAN COUPE COMPETITION(右)

実をいえば、クーペとグランクーペはこのディメンションの違いが走りのテイストにかなり関わる。グランクーペと比べ、クーペはホイールベースが200mm短くリアのトレッドも30mm狭い。大ざっぱな判断をすれば、クーペはハンドリング重視でグランクーペはスタビリティ重視となる。

BMW M8 COUPE COMPETITION

BMW M8 COUPE COMPETITION/コンペティションはレザーのグレードも高くフル・レザー・メリノ/アルカンターラ・コンビネーション・シートを標準装備。後席のスペースは狭く大柄な男性が前席に座ると大人の乗車は困難だ。

もちろん、基本性能だけですべてが決まることはない。だが、クーペとグランクーペには方向性をそれぞれ際立たせる特性が与えられている。どちらも、ダンパーの減衰力を連続可変制御するアダプティブMサスペンションが標準装備となる。今回の試乗車は全モデルがベースグレードではなくより走りを重視したコンペティションだったので、クーペはダンパーをコンフォートにしても減衰力は高めの領域が維持される。

BMW M8 COUPE COMPETITION

BMW M8 COUPE COMPETITION

そのため、ステアリング操作に対する応答性は驚くほどダイレクトだ。前後重量配分ではM8のなかでも55:45とBMWの約束ごととは離れているが、フロントヘビー感はまったくない。タイトコーナー進入時も、ステアリングを切り始めた瞬間から長いノーズがシャープに向きを変える。

BMW M8 COUPE COMPETITION

BMW M8 COUPE COMPETITION

サスペンションの硬さは、荒れた路面でタイヤが発するドスッというインパクトノイズが大きめなことも印象の背景にある。それを省いた評価をすれば、サスペンション自体はスムーズにストロークしていることが実感でき不快な突き上げとも無縁でいられる。

BMW M8 COUPE COMPETITION

BMW M8 COUPE COMPETITION

グランクーペは、基本性能としてスタビリティを稼ぎやすい。そのため、4ドアにふさわしく快適性を重視したサスペンション設定が可能だ。それでいて、ダンパーがコンフォートのままでボディのムダな動きを抑えてくれる。

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION/グランクーペは完全な4シーター(乗車定員は5名)として機能する。前席で大柄な男性が最適な運転姿勢を選び、直後の席に移ってもひざの前には握りこぶしが横に入る余裕が確保される。

ホイールベースが5シリーズより長くても、ステアリング操作への応答性がシャープとはいえないまでもシュア (確か) だ。コーナーに進入してからも、切り足せばグイグイ曲がっていく。リアのトレッド拡大で得たスタビリティの余裕を、ハンドリングの向上に振り分けバランスさせている。

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

BMW M8 GRAN COUPE COMPETITION

フォト=神村 聖/S.Kamimura 2020年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!