【最新ドライブレコーダー紹介】業界最高画質“4K”を達成! 「データシステム DVR3400」

昨年秋の東京モーターショー、今年初めの東京オートサロンの参考出品で注目を集めていた、データシステムの超高画質ドライブレコーダーが満を持して登場!

昼夜を問わず鮮明な映像を捉える

DVR3400の最大の特徴は圧倒的な高解像度。一般的なドライブレコーダーの解像度は「1920×1080」のフルHD画質だが、このモデルの解像度は「3840×2160」の4K画質を実現! これは国内メジャーメーカーの製品としては最高レベルとなる。このページの写真を見れば映像の鮮明さは一目瞭然だろう。これほどの高精細であれば映像を拡大して自車から離れた場所にいるクルマのナンバープレートやドライバーの表情までも読み取ることができる。つまり映像の「証拠能力が高い」というわけだ。

昼間の4K画質映像。すみずみまでクッキリ見え、拡大をすればより詳細な情報が得られる。

そのうえ明るくて耐久性に優れたF1.8の7層ガラスレンズ、明暗差を自動的に補正するWDR機能なども組み合わされている。もちろん昼間だけでなく夜間も確実な撮影が行える。

夜間の4K画質映像。周囲が暗くてもきわめて鮮明。路肩を歩く人の姿までよく見える。

本体はスリム&コンパクト(97×51×40mm)で、3インチディスプレイやGセンサーも内蔵。ブラケットは自由に角度調整ができるボールジョイントを備え、根元の部分には高感度なGPSアンテナを搭載。電源ケーブルの接続部を兼ねており見た目もスッキリしている。事故の衝撃で電源供給が突然止まっても録画データを正常に保存できるキャパシタも搭載している。

背面には3インチディスプレイを備えている。ブラケットにはGPSアンテナを内蔵。

視認性に優れた画面表示と背面右側のキーで簡単にコントロールができるのも特徴。ほとんどの人が説明書を読まずに各種の設定操作を行えるだろう。上部には任意に映像保存を行うための緊急スイッチも備えている。

わかりやすいメニューと扱いやすい操作キーで、各種の設定操作は簡単にできる。

上面右側は映像保存を任意に行う緊急スイッチを装備。運転席から手が届きやすい。

記録映像の再生は本体だけでなくパソコンでも可能。Windows向け専用ビュワーソフト(無料)を利用すれば映像とともに記録場所の地図や走行をしたルート、速度、方位などの確認が行える。Gセンサーのデータグラフも見られ、急ブレーキを踏んだことや急ハンドルを切ったことも推定が可能だ。

Windowsパソコン用専用ビュワーソフトを用意。映像とともに各種のデータが見られる。

また、同社のドライブレコーダーとしては初めて運転支援機能の「車線逸脱アラート」を搭載。45km/h以上の速度で車線をまたぐような動きをすると画面表示と音でドライバーに警告を行う。

電源はシガーソケットから取得。スマホなどの充電に使えるUSB端子を備えている。

最大記録解像度は3840×2160の4Kだが、初期設定で任意に変更することも可能だ。

記録映像はサムネイル画面から選んで再生が可能。動画だけでなく静止画撮影も行える。

データシステム DVR3400
2万9800円(税別)
https://www.datasystem.co.jp/

リポート/フォト:浜先秀彰 H.Hamasaki

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!