2017年以来の快挙! 佐藤琢磨選手が2度目の「インディ500」制覇

H.Tanaka
AUTHOR

日本人過去最高の予選3番手から史上20人目の複数回インディ500優勝者に!

2020インディカー・シリーズ第7戦、「第104回インディアナポリス500マイルレース(インディ500)」の決勝レースが8月23日(日)、米国インディアナポリス・モータースピードウェイで開催。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨選手がトップでフィニッシュ、2017年大会に続く2度目の優勝を果たした。

1911年に初開催、100年以上の歴史を持つインディ500で佐藤選手は史上20人目となる複数回優勝者という栄誉を獲得。ホンダエンジンとしては3年ぶり、通算13勝目をとなった。

日本人過去最高順位となる予選3番手からスタートした佐藤選手は、堅実な走りを見せて終盤にトップへと浮上。最終ピットストップ後の競り合いを制し、昨年大会でトップと約0.3秒差の僅差で勝利を逃した雪辱を果たし、見事栄冠に輝いた。

インディ500は毎年5月末、米国のメモリアルデイ(戦没将兵追悼記念日)の週末に開催される。決勝日には30万人を超える観衆の前で最高速度380km/hにもなるスピードで争われるレースだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から8月下旬に延期となった上、無観客での開催となっている。

今回の佐藤選手の快挙について、ホンダの八郷隆弘社長は以下のようにコメントした。

「世界3大レースのひとつであるインディ500で2度目の勝利を挙げ、世界のモータースポーツの歴史に新たな足跡を残すことになった琢磨選手と、チームおよび関係者の方々、そして、琢磨選手を応援してくださっているファンの皆さまに心からの感謝申し上げるとともに、この快挙達成の喜びを分かち合いたいと思います。またこのニュースが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く世の中にとって明るい話題となることを願います。琢磨選手、本当におめでとう!」

佐藤琢磨選手の米インディーカーシリーズにおける主な戦績

2010年:KVレーシングよりインディカー・シリーズに参戦
第94回インディアナポリス500にてインディ500に初挑戦、20位完走
2011年:インディカー・シリーズ第8戦で日本人初のポールポジション獲得
2012年:レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに移籍
第4戦サンパウロで自身初の3位表彰台
第96回インディ500にて終盤まで優勝争いを演じるも、惜しくも最終ラップでスピン
2013年:AJフォイト・レーシングに移籍
第3戦ロングビーチでインディカー・シリーズ日本人初優勝
2017年:アンドレッティ・オートスポーツに移籍
第101回インディ500で日本人初優勝。この勝利により内閣総理大臣顕彰受賞
2018年:レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに移籍
2019年:第103回インディ500でトップに約0.3秒及ばず、3位
2020年:第104回インディ500予選で日本人過去最高位となる3位
決勝レースで自身2度目となる優勝

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!