【カーエレクトロニクス スペシャル】カロッツェリア・2020夏新製品情報

ふたつの個性派カーオーディオに大注目!

カロッツェリア2020年モデルの注目はディスプレイオーディオの「DMH-SF700」。1DINサイズボディにフローティングスタイルの9型HDディスプレイを組み合わせ、多くの車種に装着が可能だ。スマホとの連携機能が充実し、「Apple CarPlay」、や「Android Auto」に対応。電話やメッセージ送受信、音楽再生、地図表示などスマホの主要機能を安全・快適に利用できる。さらに専用アプリを利用したYouTube視聴やAmazon Alexaによる音声操作までOKだ。ほぼ同機能を持つ6.8型ディスプレイ搭載2DINモデル、「DMH-SZ700」もある。車載できる8インチタブレットも注目だ。

DMH-SF700:オープン価格(実勢価格:99,000 円前後)/大きくて高精細な9型HDディスプレイを搭載しながらも、多くの車種に装着ができる。

DMH-SZ70:オープン価格(実勢価格:57,200 円前後)/高機能ながら手が届きやすい価格を実現。 2DINサイズボディに6.8型ディスプレイ搭載。

SDA-700TAB:オープン価格(実勢価格:35,200 円前後)/新ジャンルのカーオーディオ「タブレットAVシステム」。 Androidアプリを活用できる。

FH-7600SC:オープン価格(実勢価格:35,200 円前後)

 

ル・ボラン2020年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!