公道走行可能なレーシングモデル「マクラーレン620R」が国内初披露!

相澤隆之
AUTHOR
2020/08/01 08:00

サーキット走行を存分に楽しめる”究極の遊びグルマ”!?

マクラーレン・オートモーティブは7月31日、幕張メッセで開催中の「オートモビルカウンシル2020」にて、公道走行に完全に適合し、モータースポーツ同様の仕様を実現した 「マクラーレン 620R」を日本初公開した。会場では、併せて新シリーズの 「マクラーレンGT」と「スーパーシリーズのフラッグシップモデルである 「マクラーレン720S Spider」も展示している。

今回お披露目された620Rは、レース専用モデルである「マクラーレン570S GT4」を公道走行が可能な仕様に仕立て上げたモデル。わずか350台の限定生産ですでに日本国内分は完売しているという。

620Rには、570S GT4と同じ3.8L V8ツインターボエンジンが搭載されているものの、最高出力はスポーツシリーズのモデルで最高となる620PSと、620Nmの最大トルクを発生するなど、出力アップが図られている。これは、レースのレギュレーションによる制約がなくなったからで、エンジンのECUとターボチャージャーのマネージメントを再調整することにより実現したという。これに7速SSG(DCT)を組み合わせることで、0-100km/h加速は2.9秒で0-200km/h加速は8.1秒、最高速度は322km/hのパフォーマンスを誇る。

サスペンションには、570 GT4同様のコイルオーバー式モータースポーツ用ダンパーを採用。このダンパーは手動で2通りの調整が可能で、コーナー当たり32段階の減衰力を選択ができるため、ドライバーが自分の運転スタイルおよびコース・コンディションに合わせてカスタマイズすることもできる。

一方ブレーキは、フロント:390mm/リア:380mm径のカーボンセラミック製のディスクに、鍛造アルミニウム製ブレーキ・キャリパーを搭載。サーキットでの周回後でも、ペダルのレスポンス、モジュラリティおよび耐フェード性が向上しているという。

さらに空力性能も高められており、調整可能なカーボン・ファイバー製リアウィングはレース仕様の570 GT4と同様で、フロントのバンパー、スプリッターおよびボンネットは公道走行用にリデザインされているものの、250km/hで185kgものダウンフォースを発生。サーキット走行でハイレベルなコーナリング性能を披露する。

コクピットでは、超軽量のカーボン・ファイバー製レーシング・シートと6点式シートベルトが標準装備。またステアリング・ホイールには12時の位置にマーキングが施されており、シートベルト着用時にドアを閉めるためのドアプル・ストラップも備わっている。

当日のプレスカンファレンスはライブ配信されており、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表である正本嘉宏氏自らが、620Rの詳細についてプレゼンテーションを行った。

この「マクラーレン620R」、日本での販売価格は税込みで37,500,000円からだが、前述の通りすでに完売している。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!