【比較試乗】「メルセデスAMG GT63 S 4マチック+ vs BMW M8グランクーペ・コンペティション」似て非なる高性能4ドアクーペの仕立て方

AUTHOR
2020/07/28 11:00
 | AMG , BMW , 試乗記

純然たるMブランドのラインナップとしては頂点に立つBMW M8。その圧倒的なパフォーマンスは先の記事をお読みいただければおわかりだろう。今回は、宿敵メルセデスAMGのGT4ドアクーペを連れ出し、それぞれの立ち位置を比較してみる。

最高のラグジュアリーが融合したスーパーGT

比較的に新しいジャンルで、プレミアム感が満載の4ドアクーペ。そのなかでもフラッグシップであり、しかもBMW MおよびメルセデスAMGによるスペシャル・メイドとくる。今回試乗したメルセデスAMG GT63S 4MATIC+とBMW M8グランクーペ ・コンペティションは、モンスター級のパフォーマンスと最高のラグジュアリーが融合したスーパーGTだ。

MERCEDES-AMG GT63 S 4MATIC+

この2台はスペック的にかなり近似している。全長5mオーバーで全幅2m弱、全高は1.5mに満たない。エンジンは両車ともV8ツインターボで、M8コンペティションは4.4Lで最高出力625ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5860rpm。トランスミッションはトルクコンバーター式8速ATとなり、車両重量は2000kg(前後重量配分54:46)。メルセデスAMG GT63Sは4Lで最高出力639ps/5500-6500rpm、最大トルク900Nm/2500-4500rpm。トランスミッションは9速ATをベースにトルクコンバーターから湿式多板クラッチへ換装したMCTで車両重量は2150kg(前後重量配分は53.5:46.5)。トルクに違いはあるもののパワーはほぼ同一で、車両重量の差があっても0→100km/h加速はまったく同じ3.2秒となっている。どちらもAWDを採用しているのは、これだけパワフルなモデルでは半ば常識だ。走りの資質に差はないと言える。

BMW M8グランクーペ・コンペティション

加速はどちらも強烈で、速さはスペック通りほぼ同一に感じられるが、フィーリングは異なる。M8コンペティションのエンジンは素晴らしくスムーズで振動をまったく感じさせず回る緻密な感覚。ゼロ発進でアクセルをベタッと踏みつけると、鋭いレスポンスで瞬時に突進しはじめ7000rpmまで淀みなく吹け上がっていく。 サウンドはもちろんスポーティだが、派手すぎず上品にまとめている。

メルセデスAMG GT63 S 4マチック+

対するAMG GT63Sは迫力満点だ。発進から低回転域まではM8コンペティションほどにはレスポンスがシャープに感じないものの回転上昇とともにパワーが盛り上がる感覚があり、5000rpm以上の勢いでは勝っている。ギアの繋がり感、シフトの素早さやほどよいショックなどもスポーティを超えてレーシーと表現したくなるもので興奮させられる。サウンドは下品にならない範囲で迫力を出す絶妙なバランスだ。

MERCEDES-AMG GT63 S 4MATIC+/快適な後席環境や積載スペースを確保しつつ、スタイリッシュなデザインに仕上げられたAMG GT4ドアクーペ。ひと目でAMG GTファミリーであることが、ハッキリとわかるようなスポーティさもきっちりと兼ね備えている。

BMW MのV8はクロスバンク・エキゾーストなど凝ったメカニズムを持つことでターボの立ち上がりが素早く、世界的にみても秀逸なスポーツV8だが、AMGのOne man One Engineのレーシーな雰囲気はさすがで、非日常を味わいたいという要望にばっちり応えてくれる。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!