スタイリッシュ+クリーン! フォルクスワーゲンの新SUV「T-Roc」が発売

AUTHOR

日本仕様の「T-Roc」は150ps/340Nmの2Lディーゼルターボを搭載

7月15日、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは新型クロスオーバーSUVの「T-Roc(ティーロック)」を発売した。

●「T-Roc」モデルラインアップ
・TDIスタイル:3,849,000円
・TDIスタイル・デザインパッケージ:4,059,000円
・TDIスポーツ:4,199,000円
・TDI Rライン:4,539,000円
※価格は消費税込み

T-Rocは、同社最小SUVの「T-Cross」と上級にあたるティグアンの間を埋める新しいSUV。クーペのような流麗なルーフラインをもつスタリッシュなボディのサイズは、全長4240(Rラインは4250)×全幅1825×全高1590mmで、ホイールベースは2590mm。ゴルフに近いサイズと、同社では紹介している。

このサイズはT-Crossより125mm長く、65mm幅広く、10mm高い。ホイールベースはT-Crossより40mmのプラスだ。このようにT-Crossより大きくはなるが、それでも十分にコンパクトと呼べるボリュームで、最小回転半径はT-Crossより0.1m小さい5.0mだ。

コンパクトなボディながら広々とした居住空間と、445Lというクラストップレベルの荷室容量を実現しているのもT-Rocの魅力。荷室は後席のシートバックを倒すと最大で1290Lに広げられる。

エンジンは150ps/340Nmを発揮する2L直列4気筒ディーゼルターボの「2.0 TDI」で、7速DCT(DSG)を介して前輪を駆動する。燃費はWLTCモードで18.6km/L、JC08モードで19.5km/Lと発表された。

T-Roc TDIスポーツ

T-Roc TDI Rライン

デザインは、ティグアンから受け継がれた新しいフォルクスワーゲンSUVのDNAを表現。ダイナミックで、都会的なスタイルを取り込んでいる。LEDデイタイムランニングライトが組み込まれたフロントバンパーは、ヘッドライトと一体感のあるグリルによりワイドさが強調されている。また、大型エアインテークとアンダーボディガード、リヤディフューザーにより、SUVらしい力強さもアピール。サイドはクロームトリムで強調されたロングルーフが流麗なシルエットとなり、スタイリッシュなデザインに仕上げられた。

T-Roc TDIスタイル デザインパッケージ

T-Rocでは、フォルクスワーゲンSUV初となる2トーンのボディカラーを採用。全9色のボディカラーに合わせ、グレードに応じてブラックまたはホワイトのルーフカラーを組み合わせることが可能だ。また、「TDIスタイル・デザインパッケージ」では、ボディカラーにターメリックイエローメタリックもしくはラヴェンナブルーメタリックを選んだ場合、インテリアもボディカラーと同色系のイエロー、もしくはブルーにカラーコーディネイトされる。

上級モデル譲りの先進装備を採用した点も大きな特徴だ。先行車を完全停止状態まで自動追従して走行するアダプティブクルーズコントロール”ACC” (全車速追従機能付)やプリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付き)などの先進安全装備が全車に標準装備。さらに、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカーとしての機能を有する純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”や、画面全体にナビゲーションマップを表示することができるデジタルメータークラスター“Active Info Display”などの快適装備も全グレードで標準装備とされ、高い安全性や快適性を実現している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!