ついにフランスの本格ピュアEVも! 新型「プジョー208」が上陸

AUTHOR
2020/07/04 18:00

新型「プジョー208」は1.2Lターボ車3グレード、ピュアEVの「e-208」2グレードを設定

7月2日、グループPSAジャパンは、フルモデルチェンジを受けた新型「プジョー208」を発売した。

●新型プジョー208モデルラインアップ
「208」
・208スタイル:2,399,000円
・208アリュール:2,599,000円
・208 GTライン:2,930,000円
「e-208」
・e-208アリュール:3,899,000円
・e-208 GTライン:4,230,000円
※価格は消費税込み

新世代プラットフォームの「CMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)」を採用した新型208のボディサイズは、全長4095×全幅1745×全高1445mm(208アリュール)で、ホイールベースは2540mm。従来型より120mm長く、5mm幅広く、25mm低くなった。5.4mの最小回転半径は従来型と同じだ。

エクステリアでは、通称セイバー(サーベル)と呼ぶデイタイムランニングライトが両脇に縦に走るフロントマスクや、トランクリッド幅いっぱいのブラックバンドを採用したリヤエンドなど、新世代プジョー車を感じさせるディテールが用いられている。

インテリアでは、プジョー独自のi-コックピットが、3Dデジタルヘッドアップインスツルメントパネルやセンターパネルの7インチスクリーンなどで構成する「3D i-コックピット」に進化した点がニュースだ。

ガソリン車は、100ps/205Nmを発揮する1.2L直列3気筒ターボ「ピュアテック」エンジンに8速ATを組み合わせ、前輪を駆動する。スムーズで軽快、そして効率とレスポンスに優れた走りを実現する一方で、19.5km/LのJC08モード燃費を実現している。

プジョー208 GTライン

ガソリン車のモデルバリエーションは、ハロゲンヘッドライトや16インチホイールキャップを採用するエントリー版の「208スタイル」、3D i-コックピットや16インチアロイホイール、電動パーキングブレーキなどを標準装備する「208アリュール」、そしてフルLEDヘッドライトや17インチアロイホイールなどが標準となる「208 GTライン」の3グレードがラインアップされた。

 

プジョー初のピュアEVとなる「e-208」は、ボディカラーに合わせてペイントされる専用フロントグリルや角度によって見える色調が変わるライオンエンブレム、そしてCピラーに「e」エンブレムが装着され、ピュアEV仕様であることを主張する。

パワートレインは、136ps/260Nmを発するモーターと50kWhのリチウムイオンバッテリーの組み合わせだ。最高速度は150km/hをマークし、航続距離は欧州のWLTPモードで340kmと発表されている。走行モードは136ps/260Nmを発揮する「スポーツ」、109ps/220Nmを発する「ノーマル」、そして82ps/180Nmの「エコ」の3種類から選択できる。

バッテリーの充電は、車載ケーブルによる普通充電で100%充電するのに18時間(50km走行分の充電時間は約4時間弱)、ウォールボックス型普通充電器の使用では100%充電するのに約9時間(50km走行分の充電時間は約2時間弱)、そしてCHAdeMO(チャデモ)方式では80%充電するのに約50分と発表された。

スマートフォンから充電操作が可能な「リモートチャージング」や、遠隔でエアコンの操作ができる「プリコンディショニング」といった機能で構成される「eリモートコントロール」が搭載されるのも、e-208の特色として挙げられる。

e-208のグレードバリエーションは、エントリー版に位置付けられる「e-208アリュール」と、上級の「e-208 GTライン」の2グレード展開。パワートレインをはじめとするe-208専用アイテムを除く装備・仕様内容は、ガソリン車の同名グレードに準じたものとなっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!