こんな貢献もあり! FCAグループがデザインスケッチで子どもたちを応援!

AUTHOR

「セーブ・ザ・チルドレン」の活動支援のために、FCA各ブランドのチェントロ・スティーレのデザインスケッチのコピー136点を販売

FCAはこのほど、公益財団法人「セーブ・ザ・チルドレン」の活動を支援するために、「stART Again」プロジェクトの一環としてフィアット、アバルト、アルファロメオ、ランチア、フィアット・プロフェッシナルの各ブランドのチェントロ・スティーレ(スタイルセンター)のデザイナーが手がけたデザインスケッチ計136点のコピーを販売すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大により、大人だけでなく子どもたちも生活習慣を劇的に変える必要が生じている。とくにセーブ・ザ・チルドレンは、新型コロナウイルスの発生が、何百万人もの子どもたちの生活と未来に壊滅的な影響を与える可能性があると指摘。もっとも恵まれない地域や不安定な家庭環境に置かれている子供たちは、さらに危険だ。イタリアだけでも、100万人以上の子どもが貧困に陥るリスクがあると試算されており、学校の閉鎖による教育機会の不足に悩まされている。

そんな状況のなか、FCAはセーブ・ザ・チルドレンの活動を支援するために、アートと再スタートの意味合いを持たせた独自のプロジェクト、stART Againの一環として、FCAの各ブランド車のデザインスケッチのコピーを、eコマースプラットフォームを利用して販売する。販売価格はスケッチ1点につき20ユーロだ。

販売されるスケッチのコピーには、ピュアEVに生まれ変わった新型「フィアット500」や、新型ジュリアで高性能モデルGTAの名が復活した「アルファロメオ・ジュリアGTA」、1970〜’80年代にラリーシーンで活躍した「ランチア・デルタ・インテグラーレ」、エンジンサウンドも大きな魅力の「アバルト595」、ジープの伝説的モデル「ジープ・ウィリス」、そしてフィアットの商用モデル「デュカート」などが含まれている。

売り上げはセーブ・ザ・チルドレンに寄付され、イタリアの子どもたちに必要な教材や各種サポートに充てられる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!