【スクープ】フォルクスワーゲンのピュアEVクロスオーバーSUV、「ID.4」に高性能バージョンが設定?

2020/05/29 07:00

エクステリアはベースモデルより格段にアグレッシブ!

フォルクスワーゲンが現在開発しているクロスオーバーSUVのピュアEV、「ID.4」の高性能バージョンと思われる開発車両がカメラに捉えられた。

すでに公開されているプロトタイプと比較すると、フロントエンドには大型のコーナーエアインテーク、アグレッシブな形状のバンパー、グリル(ダミーの可能性もある)が備わる。また、ルーフスポイラーに代わりリヤゲートにスポイラーが装着されているが、注目すべきはルーフ形状やCピラーまでもがプロトタイプとは異なること。このことから、高性能版のID.4はクーペ風のオリジナルデザインを採用することが考えられる。ちなみに、捉えた開発車両ではリヤエンドにエキゾーストパイプが確認できるが、これはもちろんフェイクだ。

ちなみに、ベースモデルのEVパワートレインは前後に電気モーターを1基ずつ搭載。最高出力はフロントモーターが80kW(110ps)、リヤモーターは150kW(204ps)を発揮。瞬間最大トルクは310Nmというが、「GTX」(仮称)と名付けられるこの高性能版は大幅なパワーアップを実現しているはずだ。

気になるデビュー時期だが、フォルクスワーゲンでは2020年内にベースモデルのID.4を発表。この高性能版については、そこから1年以上先に追加の見通しという。正式デビューの暁には、「フォード・マスタング・マッハE」あたりがライバルとなるだろう。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!