気軽な”オープン”が嬉しい限定車「ジープ・ラングラー・アンリミテッド」が発売 

H.Tanaka
AUTHOR
2020/05/25 17:00

ルーフの開閉は約20秒で完了。リヤクォーターウインドーも脱着可能

FCAジャパンは、本格オフローダーの「ジープ・ラングラー」にオープンエアドライブを気軽に楽しめる限定車「ラングラー・アンリミテッド・サハラ 2.0L・スカイワンタッチパワートップ」を設定。2020年6月6日より、全国のジープ正規ディーラーを通じて300台限定で販売する。消費税込みの車両本体価格は6,200,000円となる。

このモデルは、ボタン操作ひとつでルーフが開閉する電動開閉式ルーフを採用。ルーフの開閉に要する時間は約20秒と短く、時速約96km以下であれば走行中でも操作可能とあって、思い立ったときにオープンエアが気軽に楽しめる。さらに、スカイワンタッチパワートップはサンルーフのように頭上だけを開くといった使い方もできる。

また、後方側面のリヤクォーターウインドーは脱着式。取り外せばさらなる開放感が得られ、取り外したウインドーは専用バッグに入れ、リヤシート背面に収納できる。

装備は、ベース車の「アンリミテッド・サハラ2.0L」(最高出力272ps、最大トルク400Nm)に準じている。LEDヘッドライトや18インチアルミホイール、8.4インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム(Uconnect)、ヒーテッドステアリングホイール、レザーシート(フロントシートヒーター付き)など、快適なドライブの楽しみを広げる内容となっている。また、安全運転をサポートするブラインドスポットモニターやフロント/リヤパークアシスト(パークセンス)など、運転支援システムも充実している。

設定されるボディカラーは、現行JL型ラングラーで初採用となるサージグリーン(限定150台)をはじめ、パンプキンメタリックC/C(同100台)とブラックC/C(同50台)の3色がラインアップされている。

商品サイトURL: https://www.jeep-japan.com/special_models/jl-sahara-powertop.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!