ジムニーで渓流釣りやオフロードを楽しめる確かな走りを3インチUPで実現【ジムニー天国2020】

2020/05/21 07:00

ショップの心意気が見て取れる真面目で誠実なカスタマイズ

カスタマイズの仕上がりを見ると、手掛けたショップの心意気が見て取れる。ユーザーの希望にできるだけ寄り添い、安全性、走行安定性を考慮したアドバイスを行った上で作り込む、そんな真面目で誠実なカスタマイズを施しているビッグラン群馬のJB74。日常使いや渓流釣り、オフロード走行での地上高のクリアランスも考慮した3インチアップスタイルに仕上げている。

強度と機能を両立したクロカンウインチバンパーに、いざという時に役に立つウォーンのウインチを装備。

シフォンアイボリーメタリックのボディカラーに、ツヤ消しブラックのアピオのABSタクティカルフロントグリル、ラバーフェンダー、RV4ワイルドグースのクロカンウインチバンパーを配し、カラーバランスの取れたスタイルは好印象を与える。

大径タイヤとマイナスオフセットのホイールを組み合わせ、柔軟性の高いラバーフェンダーを装着。

また、山やオフロードでの単独走行時、いざという時に役に立つウォーンのウインチを採用した実力派でもある。さらに、足元は225/75R16の大径タイヤとスパルタンなイメージのj-metalビードロックを組み合わせているが、街中でもスタイリッシュに映える。

バックランプ816スーパーオフローダーのLEDバージョンを搭載。山中でもワイド配光で明るいのが魅力。

サスペンションには、ハイブリッジファーストの3インチアップ3リンクアームセットをチョイス。3インチアップの走行安定性を考慮し、エスケープメンバー、オートレベライザー補正ステーなど、微調整を加えながらの補正も抜かりがない。

日常使いを考慮して 3インチアップサスペンションを選択。補正部品をしっかり使って組み、走行安定性を図った。

また、大径タイヤとマイナスオフセットのホイールを組み合わせたため、フェンダーとの干渉を避けるよう全長調整式アームを使い前方に移動させている。オンロードでもオフロードでも扱いやすい、バランスの取れた足回りを実現している。

大径タイヤとフェンダーの干渉を抑えるために全長調整式リーディングアームを使用し、前方に移動させた。

国内外の4WDを数多く扱ってきたビッグラン群馬だけに、JB74にもカスタマイズ経験値の高さが表れている。ベーシックからハイスペックなものまで、さまざまな要望に真摯に応えてくれるのが魅力だ。

ハイブリッジファーストのスペアタイヤ移動ブラケットを使い、大径タイヤのホイールの内側にリヤカメラも装備。

ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!