最速のフルサイズSUV? 「BMWアルピナXB7」が受注開始!

AUTHOR
2020/05/20 14:00

621ps/800Nmを引き出す4.4LV8ツインターボを搭載。0-100km/h加速タイムは4.2秒をマーク

BMWアルピナの日本総代理店を務めるニコル・オートモビルズはこのほど、フルサイズSUVの「BMW X7」をベースに仕立てた新型モデル「BMWアルピナXB7オールラッド」の予約注文受け付けを開始した。消費税込みの車両本体価格は24,980,000円で、日本導入時期は2021年の春を予定している。なお、日本仕様は右ハンドル車となる。

パワートレインは621ps/800Nmを引き出す4.4L V型8気筒ツインターボエンジンに、ZF製の8速スポーツATを組み合わせる。これを原動力に、2655kgのボディを停止状態から4.2秒で100km/hに、14.9秒で200km/hに到達させる加速性能が与えられた。”巡航”最高速度は290km/hに達する。

エアサスペンションはアルピナ仕様のチューニングが施され、ドライビングダイナミクスと快適な乗り心地を高次元で両立。走行状況やドライビングモードに応じて40mmの車高調整が可能で、車速30km/h以下で悪路を走行する場合は地上高が40mmアップして走破性を高める。一方、オンロードでは車速160km/hを超えると20mm、250km/hを超えるとさらに20mm車高が下がり、低重心化とネガティブキャンバー角の増加によるサスペンション・ジオメトリーの変化により、ダイナミックなハンドリングとロードホールディング性を高める。

車体の剛性は、XB7にはアルピナ仕様のドームバルクヘッド・ストラットと強化されたトーション・ストラットによって高められている。さらにアクティブ・ロール・スタビライザーの電子制御式アンチ・ロールバーやリヤアクスルのブッシュが強化されており、ボディのロールを最小限に抑えている点も見逃せない特徴だ。

4輪駆動システムはBMWのxDriveをベースに開発されており、トルクは前後アクスルにシームレスに可変分配される。トルクの配分量はアルピナによって再設定されており、あらゆる条件下でトラクションとニュートラルなドライビングダイナミクスを最大限に発揮するようしつけられている。

エンジンのスペックアップにともない、ブレーキ性能も追求された。フロントにはブレンボ製4ピストンキャリパーに395×36mm径のディスクを、リヤにはフローティングキャリパーに398×28mm径のディスクを採用し、高い制動性能を実現。アルピナ・ブルーにペイントされるブレーキキャリパーには、ホワイトで「ALPINA」の文字が記されている。さらにオプションで、軽量ドリルドローターと耐熱性能をさらに高めたブレーキパッドの組み合わせが選択可能だ。

タイヤは高性能ランフラットタイヤを標準装着。サイズは前後ともに285/45R21だ。組み合わせるホイールはアルピナ・ダイナミック・ホイールが標準装備され、オプションとして伝統の20スポークデザインを採用した23インチのアルピナ・クラシック鍛造合金ホイールが用意されている。

エクステリアは、アルピナ車の例に漏れず高水準のエアロダイナミクス性能を感じさせるディテールが見られる。フロントマスクでは、大型エアインテークと立体的なアルピナ・ロゴをあしらったフロントエプロンが目を引く。このエプロンは、エアロダイナミクスを最適化することで揚力を抑え、高速走行時の安定性を最大限に高めている。一方、大型のエアインテークからは、高性能アルピナ・クーリングシステムに対して効果的に空気を取り込む。

リヤビューでは、アルピナ・スポーツエキゾーストシステムと2組のツインテールパイプが、アルピナ製リヤエプロンに美しく融合。リヤエプロンの中央に配置されたディフューザー・フィンもルックス上のアクセントにひと役買っている。

インテリアでは、特別なクリスタル仕様(Crafted Clarity)を取り入れたアルピナ・デザインのiDriveコントローラーや、ブルーライト付きのギヤセレクタースイッチ、アルピナ・プロダクション・プレート、イルミネーション付きのドアシル、手作業で丁寧に仕上げた最高品質のラヴァリナ・レザーにアルピナのトレードマークであるブルーとグリーンのステッチを施したアルピナ・スポーツ・ステアリング・ホイールなど、細部まで徹底的にこだわったインテリアの数々によって、一線を画した仕様となっている。インテリアトリムには、アルピナ定番の高級ウッドトリム「ミルテ」のほか、ピアノブラックがオプション設定されている。

アルピナ・デザインへと変更されるフルカラー・デジタルメーター・ディスプレイは、充実したオプション構成、スポーツディスプレイ、カスタマイズ可能な画面を特徴としており、BMW特有のドライバーオリエンテッドなコックピットの一部を形成。コックピットのデザインは、タッチスクリーン、ダイレクト・セレクション・ボタン、iDriveコントローラー、音声入力やジェスチャー・コントロールなどを通じて直感的に操作でき、卓越したユーザーエクスペリエンスが体感できる。

また、画期的な数々のアシスタンスシステムを組み合わせ、高度なアクティブセーフティを実現するBMWドライビング・アシスト・プロフェッショナルは標準装備されている。

そのほかインテリアでの標準装備アイテムとしては、高品質なメリノ・レザー、コンフォートシート、シートヒーター、ソフトクローズドア、アルカンターラルーフライニング、インスツルメントパネル・レザーフィニッシャーなどが採用。快適性を最大限に高めるだけでなく、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出している。また、3枚構成のパノラマガラスサンルーフは、明るく開放的なインテリアを演出する。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!