アメリカンな雰囲気をまとった20インチのビッグフットジムニー【ジムニー天国2020】

2020/05/14 08:00

セブンアンドセブンのこだわりが細部にまで見える1台

毎年、他のカスタマーのクルマにはないテイストで斬新なドレスアップを提案してくるセブンアンドセブン。オフロード走行に特化したカスタムから、4WDカスタムの正統形・ビッグフットまで、小さなサイズのジムニーで自由奔放なドレスアップを行ってきた。

レザー調のオリジナルカバーで、車内をシックにコーディネイト。防水・防汚の効果も得られるアイテム。

そんな同店の最新作が、大胆に20インチのタイヤ&ホイールを履かせたビッグフットJB74だ。同店はジムニー専門店ながら、客の要望でアメリカンSUVのカスタムも行っている。その手法を生かして、他にはないジムニーを目指したという。

クラシカルな造形のフロントグリルに、ドレスアップ効果抜群のメッキを施したスキッドプレート。

まず目を惹くのが、ブルーメタリックに塗られた全塗装のボディ。リフトアップによって見えてくる下回りの塗装にも余念がない。ボンネットには同店のシンボルであるスカルが、レーザーでの箔押しで浮き上がっているのもポイントだ。

ボンネットに浮き上がるセブンアンドセブンのスカルマークは、レーザー箔押しによるもの。

ミラーになったナンバー移動キットで、スペアタイヤを取り去った後の無骨なリアゲートをお洒落に。

カスタムの核となるのは、何といっても20インチのタイヤ&ホイール。きらびやかなメッキ塗装のホイールと、モンスタのマッドウォーリアーがJB74をマッシブに見せる。

サスペンションはハイブリッジのコイル&ダンパーと、オリジナルのラテラルロッドなどで構成。

20インチ化するにあたっては、当然ながらインストールするスペースを稼がなければならない。そのため、ハイブリッジのコイル&ダンパーを中心に、セブンアンドセブン オリジナルのボディアップキットや補正パーツで、大胆にリフトアップしている。サスペンションで3インチ、ボディアップで3インチ、そしてコイルソーサーで1.5インチ、計7.5インチのアップを実施し、ド迫力の見た目を実現しているのだ。

2本出しのマフラーは現在開発中のアイテム。センター出しの別バージョンも開発中とのこと。

ホイールに合わせて、フロントグリル、スキッドプレート、そしてナンバープレート移動キットの各パーツをメッキでコーディネイトしているのもポイント。細部までこだわり抜いた1台に仕上がっている。

20インチのメッキホイール(メーカー不明)とマッドウォーリアの組み合わせはアメリカンな雰囲気抜群。

ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!