【スクープ】「メルセデス・ベンツEクラス」のピュアEV版、「EQE」の開発車両を初スクープ!

2020/04/02 11:00

最先端のセーフティテクノロジー、「ESF」を採用!

メルセデス・ベンツの主力セダン、「Eクラス」のピュアEVバージョンとなる「『EQE』の開発車両が初めてカメラにキャッチされた。

極寒のスカンジナビアに現れた開発車両は、すでに目撃されている兄貴分の「EQS」に似たシルエットだ。しかしヘッドライトをはじめサイドミラー、第3のブレーキライトが真上に配置されたトランクリッドの形状など、ディテールには相違点が見られる。また、サイドのカモフラージュからは後部に向かって上昇するベルトラインもスポーティに仕上げられていることをうかがわせる。

そのプラットフォームはEQSと同様、「MEA(モジュラー・エレクトリック・アーキテクチャー)」を採用。内燃機関の「Eクラス・セダン」よりわずかに全長が短くなる一方、居住空間は拡大されているという。

さらに技術的なハイライトは、同社が2019年にSUVの「GLE」をベースに開発した次世代テクノロジーの「ESF 2019」を採用することだ。4輪ステアリングをはじめ、交差点などを曲がる際に歩行者や自転車の正確な位置を検出する「アクティブブレーキアシスト」を搭載。また、交通事故が起こった際に車両後部からロボットが出現。三角停止板を出して二次的事故を防止するといった最先端の安全技術採用が期待される。

EVパワーユニットは、前後アクスルに1基ずつの2モーターレイアウトを採用。駆動は電気式4WDとなる。システムトータルの最高出力は350ps以上を発揮し、航続距離は500kmというスペックが与えられる模様だ。気になるワールドプレミアは2021年。フランクフルトから会場を変更して開催される、第一回「ミュンヘン・モーターショー」という説が有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!