【スクープ】メルセデスAMGで「73」の称号が19年ぶりに復活?

2020/03/31 07:00

4ドアの「GT」に搭載されるパワーユニットはAMG史上最強の800㎰オーバーに!

メルセデスAMGは、「GT4ドアクーペ」をプレビューする「GTコンセプト」を2018年に発表しているが、その市販型と思われるプロトタイプがカメラにキャッチされた。GTコンセプトは、フロントに4L V8ガソリンツインターボエンジン、リヤには電気モーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインを採用。最高出力はシステム合計で805㎰を発揮し、0-100km/h加速が3秒以内というスペックが発表されていた。

捉えたプロトタイプは、AMGモデルらしくパナメリカーナグリルを装備。鍵型のLEDデイタイムランニングライトや大型のコーナーエアインテークを組み合わせて「GT63 S」に酷似したフロントエンドに仕立てられていた。一方、リヤ回りは可動式ウイング、大径のクワッドエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーが確認できる。

この新しいGT4ドアの市販型には、「GT 73」の車名が与えられるという説が有力だ。AMGモデルには、1998年から2001年まで「SL」をベースとした「SL73 AMG」が設定されていた。このモデルには「パガーニ・ゾンダ」に受け継がれる7.3L V12気筒エンジンが搭載されていたが、「73」の車名が19年ぶりに復活するわけだ。

とはいえ、市販型のGT 73に搭載されるパワートレインはGTコンセプトと同じ。V12に代わり、4L V8+電気モーターのハイブリッドとなり最高出力は800ps以上、最大トルクは900Nm以上と予想されている。そのワールドプレミアは、2020 年内という説が有力だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!