「マクラーレン・スピードテイル/GT」に採用されるオーディオシステムがデザイン賞を獲得

AUTHOR

特製グリルが両車のインテリアにシームレスに融合

マクラーレン・オートモーティブはこのほど、「マクラーレン・スピードテイル」および「マクラーレンGT」に採用したイギリスの高級スピーカーブランド「Bowers & Wilkins(バウアーズ&ウィルキンス)」のオーディオシステムが今年のiFデザイン賞において、カーオーディオ部門のプロダクト分野でアワードを獲得したと発表した。

マクラーレン・スピードテイル

iFデザイン賞は、世界最古の独立系デザイン組織であるドイツ・ハノーバーの「iFインターナショナル・フォーラム・デザインGmbH」が主催するもの。今年は56カ国から7298作品が応募された。

マクラーレン・スピードテイルに搭載されたバウアーズ&ウィルキンス製のオーディオシステムは、全世界の専門家78名で構成される選考委員会により選出。マシンのインテリアとシームレスに融合している特製グリルが、高い評価のポイントとなった。

バウアーズ&ウィルキンスのエンジニアリングチームは、マクラーレンのエンジニアたちとともに、この類を見ない世界最先端のオーディオシステムを作り上げ、セントラル・ドライビング・ポジションのクルマに優れたオーディオを搭載。このシステムでは、洗練されたデザイン要素に加え、ダイヤモンド・ドーム・ツイーターとコンティニュアム・ミッドレンジ・ドライバーといった最新のスピーカー技術が組み込まれている。

マクラーレンGT

一方、マクラーレンGTに搭載するオーディオシステムもバウアーズ&ウィルキンス製で、この比類なきグランドツアラーのインテリアと特製の新しいグリルデザインが完璧にマッチ。テクノロジーと現代的な職人技とが見事に共存している。このシステムには、アラミドファイバーをはじめとする、ハイエンドなラウド・スピーカー技術が採用されている。

マクラーレン・オートモーティブでデザイン・ディレクターを務めるロブ・メルヴィルは、次のようなコメントを発表している。
「これまでは光栄にもマシンのエクステリアについての賞を受賞してきましたが、今回は、マクラーレンがバウアーズ&ウィルキンスと開発してきた、オーディオシステムのデザインにも賞が与えられ、大変誇りに思っています。このオーディオシステムが、刺激的なドライビングエクスペリエンスだけでなく、パッセンジャーにこのうえない快適さも与える、当社のGTカーに装備されたのは当然の帰結です。また、スピードテイルには、マクラーレンF1に搭載されていたビスポークのオーディオシステムが現代風にアレンジされ、搭載されています」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!