【雪上試乗】「ボルボ V60 クロスカントリー」雪上で感じた安定感と安全性

AUTHOR
2020/03/18 11:00

スウェーデンで生まれたボルボにとって、雪上での走行性能は得意とするところだろう。先進安全性に至っても北極圏を含む国らしく、雪上でもその手綱を緩めることはない。そして、確固たる安全技術のもとに成り立つ快適性も提供してくれる。そんなボルボの実力を北海道でテストした。

北欧で鍛えたボルボの実力を北海道で再確認

プレミアムエステートの佇まいと、並みのSUVかそれ以上の最低地上高210mmを有するボルボV60クロスカントリー。都会と大自然を一直線に繋げる、ボルボの飛車として感度の高いユーザーから人気のモデルだ。今回、北海道にある新千歳モーターランドに設置された特設コースで、定常円旋回、スラローム、登坂&下り坂、バンクなどを試走し、北欧で鍛え上げられた雪上走行性能を体感した。

走行中にパーキングブレーキのスイッチを入れると緊急停止するEPB(エレクトロニック・パーキング・ブレーキ)を時速60kmでテスト。強烈なトラクションがかかり、横滑りせずに停止してみせた。

V60クロスカントリーは瀟洒なナリでありながら、パワーを4輪の間で分割するボルボお馴染みの「プレチャージ式電子制御AWDシステム」や主に滑りやすい下り坂で有効な「ヒル・ディセント・コントロール」などが標準で装備される。よって、前記のコースはどれも難なくクリアできたが、特筆すべきは定常円旋回やスラロームで感じた安定感だった。走行モードを「オフロード」にして試すと、ESCは安全第一で介入され、万が一のハンドリングミスさえも徹底的に制御する設定。しかし、ESCをオフにして(厳密には完全なオフではなく最低限は起動するそうだ)、走行モードを「ダイナミック」に設定すれば、身のこなしはFFベースの4WDというよりも、FR的な動きも印象付けた。よって、クローズドコースでのお楽しみとも言えるドリフト遊びに昂じることもできた。

通常走行時はおとなしいV60クロスカントリーだが、走行モードを「ダイナミック」「ESCをオフ」にすると、荒々しさをのぞかせた。

ボルボの中核を担う60系コードの中で、V60クロスカントリーは、サブラインと思われているかもしれないが、主力のV60に匹敵するモデルであることを確信。「優等生でスポーツマン」。これがV60クロスカントリーの結論だ。学校ならば、差し詰めクラスの人気者といったところだろう。

ヨコハマタイヤのサポートもあり、試乗車のタイヤは同社の「アイスガード」を装着。ボルボとのマッチングの良さが印象的だった。

柳田由人/Y.Yanagida ル・ボラン2020年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧