生産は88台! アストンマーティンの新作「V12スピードスター」の実力は?

AUTHOR

700hpを発揮するV12ツインターボ搭載で、0-100km/hを3.5秒でこなす

アストンマーティンはこのほど、88台製作される限定モデル「V12スピードスター」を英国ゲイドンの本社で発表した。予定販売価格は76万5000ポンド(約1億155万円)からで、2021年第1四半期からカスタマーへの納車がはじまる予定だ。

同社のパーソナライゼーションプログラム部門「Q by Aston Martin」が製作するV12スピードスターは、真のドライバーズカーでありアストンマーティンの豊かなレーシングヒストリーだけでなく、航空機のデザインからもインスピレーションを得てデザインされている。

カーボンファイバーを多用した専用デザインのボディは、1959年にル・マン24時間レースを制した「DBR1」や、同社創立100周年を記念して2013年に製作された「CC100スピードスター」に関連性を持たせたデザインが特徴。同時に、新たなスピードスターのコンセプトが表現されており、同社のヒストリックモデルだけでなく、最新鋭のジェット戦闘機「F/A-18」からもインスピレーションを得ている。スカイフォール・シルバーのボディカラーも「F/A-18」をモチーフにしている。

アストンマーティンのデザイン・ディレクター、マイルス・ナーンバーガーは次ように補足する。
「ルーフもスクリーンもなく、巨大なエンジンと低く幅広いショルダー、2個のハンプ、ドライバーとパッセンジャーを分離する背骨のような形状を持つ圧倒的にエモーショナルなスタイリングに仕上げられています。低く、しかし軽快なリヤエンド、大胆な印象のフロントグリル、特徴的なヘッドライト、“ノストリル”と呼ばれるボンネットのデザインエレメントが、見事なコントラストを描き出しています。ノストリルは、かなり長期間にわって封印されてきたデザインですが、今回のモデルで復活を果たしました。これは、V12を搭載するスペースがあることを視覚的にアピールし、象徴的なベントが創出されています」

フロントグリルやフロントフェンダーのエアアウトレットなどはマットブラックにペイントされ、エクステリアに引き締まった印象をもたらす。このダーク系のテーマカラーはインテリアにも反映されており、サテン・ダーククロームやマシンド・アルミニウム、ブラックレザー、ブラック・テクニカルテキスタイル、ブラック・カーペット、そしてアストンマーティンのロゴが刻印されたビビッドレッドのドアシルなど、明確なコンセプトを感じさせる仕立てとなっている。

フロントにミッドシップマウンドされるのは、700hp/753Nmを発揮する5.2L V型12気筒ツインターボエンジン。ZF製8速ATやリヤアクスルにリミテッドスリップディファレンシャルが組み合わされ、0-100km/h加速を3.5秒でこなす。最高速は300km/hと発表された。

ブレーキはカーボンセラミックが標準で、ディスク径はフロントが410mm、リヤが360mm。アロイホイールは21インチの鍛造で、セントラルロック・メカニズムが採用されている。

プラットフォームは同社最新の接着アルミニウム構造を採用しており、DBSスーパーレッジェーラやヴァンテージのエレメントが用いられた。フロント:ダブルウイッシュボーン、リヤ:マルチリンクのサスペンションにはダンパーにアダプティブダンピング機構が搭載され、「スポーツ」、「スポーツ+」、「トラック」の3モードを設定する。

同社のアンディ・パーマー社長兼グループCEOは、このモデルを次のように紹介している。「アストンマーティンは、ユニークで特別なモデルをお届けすることに全力を注いでいます。V12スピードスターは、このコミットメントを完璧に表現しています。88台のハンドビルト・カーは、全世界のエンスージアストやコレクター垂涎の的となるでしょう。個人的には、V12スピードスターがドライバーに提供するもの以上に、その象徴的な存在感に興奮を覚えます。このクルマは、弊社のエンジニアリングの可能性と野心を具現化しているだけでなく、アストンマーティンの栄光の歴史を表現しています」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!