BMW 850iとレクサス LC500hの勝負はタイヤ性能だけでなく、制御系で勝敗が分かれた!【清水和夫のDST】#102-3/4

AUTHOR
2020/02/19 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number102(SEASON.12):価値観の異なる日独プレミアムクーペが真のダイナミクス性能で真っ向勝負!

BMW 850i xDriveクーペ vs レクサス LC500h Lパッケージ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

【DST】BMW M850i xDrive クーペ vs レクサスLC500h Lパッケージ(ウェット旋回ブレーキ編)【DST♯128-05】

タイヤコンデション

LEXUS LC500h L PACKAGE

ブリヂストン製の20インチランフラットタイヤが標準だが、テスト車はオプションの21インチ・ミシュランスーパースポーツを装着。縦バネが従来品よりも約10%低く、乗り心地が良い。

 

BMW 850i xDrive COUPE

ミシュランパイロットスポーツ3がセット。ランフラットタイヤに熱心なBMWだけに硬いタイヤに合わせてサスペンションがセッティングされていた。ウェットテストでも優秀な成績を記録。

フォト:篠原晃一 ル・ボラン 2019年9月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧