【スクープ】「三菱ギャランVR-4」の復活計画が進行中? パワートレインは4モーターで登場は2023年か

2020/02/18 08:00

「デュアルモーターAYC」を前後に搭載したPHEVに?

海外のニュースサイトが三菱を代表する昭和の高性能モデル、「ギャランVR-4」の名が復活する可能性があると報じた。ギャランVR-4は、初代が1987年(昭和62年)にデビュー。パワーユニットは2L直列4気筒DOHCターボの「サイクロン」で、最高出力205psを発揮。駆動はフルタイム4WDで、トランスミッションは5速MTを組み合わせていた。翌年には軽量化された「VR-4R」が誕生、‘89年の改良モデルでは、最高出力が220psまで高められた。最高出力については1992年の2代目で240ps、3代目では280psまで向上している。

今回は予想CGを製作してみたが、フロントはダイナミックシールドデザインをより進化させてアグレッシブに、かつスポーティなテイストを強調。エアインテークは大型化し、アンダースポイラーも大胆なデザインで押し出し感をアピール。ヘッドライトは細くシャープなデザインの中に2連プロジェクター&LEDウインカー採用などを組み合わせてみた。

注目のパワートレインは、2019年の東京モーターショーで初公開された「MI-TECH CONCEPT」をベースとしたPHEV。システムの発電用内燃機には、従来のガソリンエンジンより軽量・小型なガスタービンを採用。モーター2基で構成される「デュアルモーターAYC」を前後にそれぞれ搭載した「Quad motor」(クワッドモーター)4WDに、車両運動統合制御システム「S-AWC」を適用させる電動4WDシステムの採用が予想される。

さて、ギャランVR-4の車名が果たして本当に復活するかは微妙だが、三菱には「ランエボ」復活の噂もあるだけに近年中に大きなサプライズが期待できるかもしれない。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧