【東京オートサロン2020】カスタマイズは実車だけじゃないんです!

2020/02/13 12:00

トミカのカスタマイズ一筋に……

毎年年初のお楽しみであるTOKYO AUTO SALONは、幕張メッセで1月10日(金)~12日(日)の3日間開催された。主催者発表によると前回比101.6%の33万6000人の来場者があったという。日本国内のみならず東南アジア、欧米などからの来場者も多い熱気溢れるオートサロンで、小さいカスタマイズカーを見ました。実車だけじゃないカスタムをご紹介いたしましょう。

会場限定品を販売していたトミカショップをはじめ、何店かのミニカーショップがありましたので覗いてみました。限定品、先行販売品、お買い得品などまあまあの品揃え、欲しいと思うものも何台かありました。完成品は、それはそれで魅力的なのですが、今回はちょっと違う、オートサロンぽいミニカーに惹かれました。

それはクルマ改造本G-ワークスのブースに展示されていた”カスタムトミカ”です。これらの作者は、学生時代に作っていたプラモデル用のパテが余ったときにふと思いついてトミカをちょっと改造したことがきっかけで、それ以降はすっかりトミカのカイスタマイズの虜になってしまったそうです。いまだにガラケーなこともあり、ブログもSNSもやっていない孤高のモデラー。オートサロンへの出展は10年になり、毎年見に来るファンも多く土日には二重三重の人垣ができるのだとか。そしてこの方、作品を絶対に売らない。売ってくれとか作ってくれという依頼は全て断っています。

せっかくのカスタムトミカのためにと一時はジオラマ製作も手がけたものの、来場者の質問が肝心なクルマの方ではなくジオラマ製作テクニックの方に集中してしまうのが嫌で今はやめてしまったそうです。上述の通り、情報が届かない状態なのでオートサロン以外で作品を発表したことがないのですが、興味はあるとのことなので、気になる方は来年声をかけてみて下さい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧