日本では初! デジタルとリアルが融合した都市型店舗の「Audi City紀尾井町」がオープン

H.Tanaka
AUTHOR

コンパクトな店舗ながら試乗車は既存店と同等に

アウディ・ジャパンの子会社、アウディ・ジャパン販売は「Audi City紀尾井町」を新規オープン。2月7日(金)より営業を開始する。

Audi Cityとは、従来のロードサイド店舗とは一線を画す、これからのプレミアムカー販売のあり方を提示する都市型ショールーム。通常のアウディショールームの平均面積と比較すると、半分ほどのコンパクトな店舗となる。その一方、バーチャルテクノロジーを駆使することで多数のモデルラインアップを紹介し、個々のユーザーが希望するオプション装備などを付加した車両を可視化できる。

Audi City紀尾井町の目指す店舗像は、デジタル化の推進にとどまらずアウディのプロダクトを体感できることも重要視。コンパクトな都市型店舗ながら、ロードサイド店舗と同等数の試乗車も用意されるという。

2012年、ロンドンのピカデリーサーカス近くにオープンした最初のAudi Cityや翌年のAudi City北京はパイロットストアという位置付けだった。以来、アウディはこのコンセプトを段階的に進化。2014年以降はベルリン、イスタンブール、モスクワ、ワルシャワ、ウィンブルドンの5店舗が生まれている。

今回の新店舗は、世界で6番目にして日本では初のAudi Cityとなる。紀尾井町は、千代田区の西部にある江戸からの歴史をつなぐ町名で、ホテルニューオータニ、東京ガーデンテラス、上智大学と隣接する好立地。店舗の建物は、1階と地下の2層構造となっている。

店舗デザインは、現在のアウディショールームのスタンダードであるターミナルコンセプトとは一線を画する、Audi Cityコンセプトがベースのオリジナリティに溢れる空間を演出。ショールームは、LEDライトやアルミニウム素材をはじめ、ひとつひとつのアイテムやテクスチャー、モチーフへのこだわりによってアウディのアイデンティティが表現される。一方、地下のスペースはアウディデザインのイメージを残しつつ和のテイストを導入。ハイエンドモデルのユーザーにも応える、ラグジュアリーな空間が創出されている。

「Audi City紀尾井町」

店舗所在地:東京都千代田区紀尾井町4-3
TEL:03-3234-3261 ‎FAX:03-3224-3262
店舗人員数:12人
定休日/営業時間:水曜、年末年始/11:00-19:00
展示台数:3台(1階)

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧