紀伊山中に湧き上がる雲海を一望にする(三重県 ツエノ峰)【雲海ドライブ&スポット Spot 56】

2020/01/22 08:00

谷筋に向かって開けたパラグライダーの離陸場

紀伊山中に発生する雲海の展望スポットとして、ここ数年、注目を集めているのがこのツエノ峰だ。谷筋に向かって開けたパラグライダーの離陸場なので、早朝は雲海見物以外には訪れる人はなく、撮影なども誰にも気兼せずにできる。県道765号から未舗装の林道に入り、そこを3kmほど登ったところにあり、林道の一部は荒れたところもあるので、車高の低いクルマは注意が必要。

アクセスガイド

紀勢自動車道(紀伊長島から南は無料/尾鷲北IC〜尾鷲南ICは未開通)と尾鷲熊野道路(無料)ができたおかげで、熊野市周辺は中京エリアからのアクセスが格段に良くなっている。名古屋西ICから風伝峠までは東名阪・伊勢道などを乗り継ぎ約200km。和歌山方面からは阪和道を南紀白浜ICで降り、そこから国道311号(熊野街道・中辺路)で約80km。白浜〜熊野本宮間は快走路だが、そこから東には未改修の険しい山道も残っている。

Data【Spot 56 ツエノ峰】
雲海遭遇率 ★★★
雲海の季節 通年

◎所在地/三重県熊野市
◎ルート/県道756号など
◎最高地点/標高約600m
◎冬季閉鎖/なし

文:佐々木 節/撮影:平島 格

『雲海ドライブ&スポット』より転載。掲載データなどは2017年8月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!